TOP > 技術シーズ検索 > 送風システム

送風システム

シーズコード S130010354
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 渡邊 恵太
  • 松田 聖大
  • 稲見 昌彦
  • 五十嵐 健夫
  • 神山 洋一
技術名称 送風システム
技術概要 本送風システム1は、送風機11と、該送風機の向きを変更するモーター(モーターユニット12)と、送風機およびモーターを制御する制御部13と、送風機の前方を撮影するように設けたカメラ15と、操作部20と、を備えている。操作部は、カメラから取り込まれた画像を表示する表示部と、ユーザに対し表示部に表示された画像上にパスを描画させるパス描画部22と、を有し、画像上に描画されたパスに沿って送風機の向きが変化するように、モーターを制御する。前記制御部13は、パスの描画速度に対応した速度で送風機の向きが変化するように、モーターを制御することが好ましい。また、前記パス描画部22は、間隙を挟む複数のラインによってパスを描画することが可能であり、制御部は、前記ラインの部分で送風機の送風をオン、間隙の部分で送風機の送風をオフに制御することが好ましい。また、前記パス描画部22は、複数の種類のラインによってパスを描画することが可能であり、制御部は、前記ラインの種類に応じて送風機の風の強さを切り替えることも好ましい。たとえば、色や太さなどでラインの種類を異ならせることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-266656_1.GIF thum_2010-266656_2.GIF thum_2010-266656_3.GIF
研究分野
  • 送風機,圧縮機,風車
  • プロセス制御
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 扇風機などの送風システムの風の向きや強さをユーザが簡単かつ直感的に操作することを可能にする技術を提供する。
操作部の表示部に表示される画像によって、送風機から風を送ることが可能なエリアを一目で確認でき、画像上にパスを描画する操作により、送風機の風の向きの変化を指示できる。また、パスの描画速度に意図的に緩急をつける操作により、風の向きの変化の速度を指示できる。パス描画部に、風を送りたいエリアではラインを描画し、風を送りたくないエリアではラインを途切れさせることで、送風のオン/オフも簡単に指示できる。また、ラインの長さと間隙の長さを調整することで、送風のオン/オフのパターンによる特殊な風(そよ風やゆらぎのある風など)を作り出すことが可能である。さらに、描画するラインの種類を適宜選択する操作により、風の強さを指示することもできる。他方、送風システムに、指示マーカーを備え、カメラから取り込まれた画像から指示マーカーを認識し、指示マーカーの移動に追従して送風機の向きが変化するように、制御することもできる。
用途利用分野 扇風機、空調装置、除湿器、暖房装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 渡邊 恵太, 松田 聖大, 稲見 昌彦, 五十嵐 健夫, 神山 洋一, . 送風システム. 特開2012-117418. 2012-06-21
  • F04D  27/00     

PAGE TOP