TOP > 技術シーズ検索 > 生体適合性ポリマーセンサ及びその製造方法

生体適合性ポリマーセンサ及びその製造方法

シーズコード S130010356
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 濱田 浩幸
  • 蒋 永剛
  • 樋口 行平
  • 前中 一介
技術名称 生体適合性ポリマーセンサ及びその製造方法
技術概要 生体適合性ポリマーセンサ100は、基板10と、基板10の表面に形成された一対の配線11、12とを備えている。さらに、配線11、12の一部を被覆するように基板上に形成された圧電部材13と、圧電部材13を被覆するように設けられたフィルム状部材14と、を備えている。圧電部材13は、PVDFなどの圧電材料からなる層であり、0.5μm~3.0μm程度の厚さを有したものである。フィルム状部材14は、PDMSなどの柔軟性を有した樹脂からなりものであり、0.5μm~3.0μm程度の厚さを有したものである。圧電部材13及びフィルム状部材14は、インクジェット方式の印刷によって形成することが可能である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-292988.gif
研究分野
  • 生体計測
  • 時間,速度,加速度,角速度の計測法・機器
展開可能なシーズ 生体適合性を有していながらも、皮膚など様々な被貼付物に貼付することが可能なポリマー基板及びその製造方法を提供する。
基板が生体適合性を有した可撓性のあるものであるので、皮膚などに長時間貼り付けたまま、生体データを検出することが可能である。また、薄膜状であるとともに全体に柔軟性があるので、曲部への貼付にも対応できるとともに、皮膚などに長時間貼り付けてもストレスを最小限に抑えることができる。
用途利用分野 生体適合性ポリマーセンサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, 公立大学法人兵庫県立大学, . 濱田 浩幸, 蒋 永剛, 樋口 行平, 前中 一介, . 生体適合性ポリマーセンサ及びその製造方法. 特開2012-141186. 2012-07-26
  • G01B   7/16     
  • A61B   5/11     
  • A61B   5/00     

PAGE TOP