TOP > 技術シーズ検索 > 層状化合物及び超伝導体並びにそれらの製造方法

層状化合物及び超伝導体並びにそれらの製造方法

シーズコード S130010364
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 細野 秀雄
  • 柳 博
  • 神谷 利夫
  • 松石 聡
  • 金 聖雄
  • 尹 錫奎
  • 平松 秀典
  • 平野 正浩
  • 野村 尚利
  • 神原 陽一
技術名称 層状化合物及び超伝導体並びにそれらの製造方法
技術概要 この超伝導体は、化学式AF(TM)Pn(ただし、Aは、長周期型周期表の2族元素の少なくとも1種、Fは、フッ素イオン、TMは、Fe,Ru,Os,Ni,Pd,Ptから選ばれる遷移金属元素の少なくとも1種、Pnは、長周期型周期表の15族元素の少なくとも1種である。)で示され、ZrCuSiAs型(空間群P4/nmm)の結晶構造を有し、3価の陽イオン又は2価の陰イオンをドープすることにより超伝導体となる層状化合物である。Aは、Ca,Srの少なくも一種であり、TMは、Ni又はFeであり、Pnは、P,As,Sbの少なくとも1種である。この層状化合物に3価の陽イオンとしてSc,Y,La,Nd,又はGdイオンをドープする事が好ましい。この層状化合物に2価の陰イオンとしてO,S,又はSeイオンをドープする事が好ましい。この超伝導体は、原料として、A元素の粉末、TM元素の粉末、Pn元素の粉末、及びこれらの元素のフッ素化合物粉末を混合し、混合粉末を不活性雰囲気又は真空中、900~1200℃で焼結することによって製造する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-520839.gif
研究分野
  • 超伝導材料
展開可能なシーズ 遷移金属元素(Fe,Ru,Os,Ni,Pd,Ptの少なくとも1種)を骨格構造に有する層状化合物及び該化合物からなる、ペロブスカイト型銅酸化物超伝導体に代わる新しい非酸化物系化合物超伝導体を提供する。
公知の高温超伝導体と異なり、特定の遷移金属を含むプニクタイドからなる新しい化合物群のTc=20K超の第2種超伝導体を提供する。この化合物超伝導体は、原料に酸化物を含まないので、焼成雰囲気の湿度に対する許容度が大きく、また、原料を混合して該化合物を合成する際に焼成温度を低くでき、さらに、高圧合成法によらないでも該化合物を合成できるので安価に製造することができる。
用途利用分野 超伝導体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 細野 秀雄, 柳 博, 神谷 利夫, 松石 聡, 金 聖雄, 尹 錫奎, 平松 秀典, 平野 正浩, 野村 尚利, 神原 陽一, . 層状化合物及び超伝導体並びにそれらの製造方法。. . 2012-01-05
  • C01G   1/00     
  • C01G  49/10     

PAGE TOP