TOP > 技術シーズ検索 > RNPモチーフを利用した、蛋白質応答型shRNA/RNAi制御システムの構築

RNPモチーフを利用した、蛋白質応答型shRNA/RNAi制御システムの構築

シーズコード S130010378
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 井上 丹
  • 齊藤 博英
  • 樫田 俊一
  • 林 香倫
技術名称 RNPモチーフを利用した、蛋白質応答型shRNA/RNAi制御システムの構築
技術概要 shRNAは、標的配列に対して相補的な配列を有するガイド鎖と、ガイド鎖と二本鎖を形成するパッセンジャー鎖と、ガイド鎖とパッセンジャー鎖とをつなぐリンカー鎖とを備える。そしてRNAi制御システムは、リンカー鎖が、RNP由来の蛋白質結合モチーフ配列21を備えるshRNA、及びかかるshRNAと、shRNAの蛋白質結合モチーフ配列に特異的に結合するRNP由来の蛋白質とを含んでいる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2010-542114.gif
研究分野
  • 生物学的機能
展開可能なシーズ RNA-蛋白質相互作用モチーフを利用した利用したRNAi制御システムを提供する。
センサーshRNAを用いれば、shRNAに特異的に結合する蛋白質に依存して、RNAiを抑制するように制御することが可能になる。センサーshRNAと、特定の蛋白質との組み合わせを用いることで、細胞を破壊することなく、細胞内マーカー蛋白質の発現を定量するバイオセンサーや、マーカー蛋白質の発現量に応じて目的蛋白質の翻訳を活性化できる、人工遺伝子回路の構築に有用である。たとえば、癌マーカー蛋白質の発現に応じて、アポトーシス誘導蛋白質を活性化することで、癌やアルツハイマーなどの疾病治療につながるという大きな効果が得られる。
用途利用分野 蛋白質応答型shRNA、RNAi制御システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 井上 丹, 齊藤 博英, 樫田 俊一, 林 香倫, . RNPモチーフを利用した、蛋白質応答型shRNA/RNAi制御システムの構築. . 2012-05-24
  • C12N  15/113    
  • G01N  33/533    

PAGE TOP