TOP > 技術シーズ検索 > 微小区画の融合と分裂を繰り返す方法

微小区画の融合と分裂を繰り返す方法

シーズコード S130010383
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 四方 哲也
  • 鈴木 宏明
  • 寺沢 秀俊
技術名称 微小区画の融合と分裂を繰り返す方法
技術概要 電気融合と、それに続く(または、それと同時の)、自発的に生じる出芽形状を生じる形態変化を利用することによって、微小区画の融合と分裂を繰り返す。分裂においては、余剰な表面積と膜の曲率を有し、かつ、出芽形状への形態変化を生じる小胞の性質を利用する。出芽形状への形態変化に必要な膜の曲率は、封入されたポリマーと膜との排除体積相互作用によって誘導される。自然に微小区画が分裂する条件は、リポソームの排除体積の減少に起因する化学的ポテンシャルの減少(ΔEex)が、曲げエネルギーの獲得(ΔEbend)よりも大きい条件である。本発明は、リポソームの融合と分裂を繰り返す方法であって、リポソームの内水層にポリマーを含み、自然に分裂するポソームを提供する工程、および、ポリマーを含むリポソームを、電気融合を生じる環境下に配置する工程を含む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-027936.GIF
研究分野
  • 生体膜一般
展開可能なシーズ 微小区画(例えば、リポソーム)の融合と分裂を繰り返す方法を提供する。
ここで用いた、電気融合は、他の融合技術(例えば、膜電荷の利用、および、膜融合分子の利用)と比較して、優れている。
用途利用分野 リポソームの融合と分裂を繰り返す方法、インビトロ進化工学、クローン細胞培養、遺伝子診断
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 四方 哲也, 鈴木 宏明, 寺沢 秀俊, . 微小区画の融合と分裂を繰り返す方法. 特開2012-165673. 2012-09-06
  • C12N  15/09     

PAGE TOP