TOP > 技術シーズ検索 > ヌクレオシド化合物を含んでいるRNA、当該RNAからのタンパク質の産生量を制御する方法、およびヌクレオシド化合物

ヌクレオシド化合物を含んでいるRNA、当該RNAからのタンパク質の産生量を制御する方法、およびヌクレオシド化合物

シーズコード S130010389
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 小笠原 慎治
  • 前田 瑞夫
技術名称 ヌクレオシド化合物を含んでいるRNA、当該RNAからのタンパク質の産生量を制御する方法、およびヌクレオシド化合物
技術概要 本発明のRNAは、5’キャップ構造および5’側の開始コドンと3’側の終止コドンを両端に有する翻訳領域を含んでいるRNAであって、プリン核の8位またはピリミジン核の5位もしくは6位の炭素原子にアリール基またはヘテロアリール基を結合しているヌクレオシド化合物がRNAの5’キャップ構造および5’末端から10塩基までの塩基から選択される位置に導入されているものである。このヌクレオシド構造によって、特定の波長の光の照射によってタンパク質の産生量を自在に制御し得るRNAとなっている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-033996.gif
研究分野
  • ヌクレオシド,ヌクレオチド
  • 蛋白質・ペプチド一般
展開可能なシーズ 本発明は、ヌクレオシド化合物を含むRNA、このRNAからのタンパク質の産生量を制御する方法およびヌクレオシド化合物、さらに、空間および時期を選択して可逆的に翻訳によって産生されるタンパク質の量を制御することが可能なRNAを提供することを目的とする。
再生医療技術の開発や生命現象の解明研究には、特定の領域や期間において特定のmRNAのタンパク質への翻訳を起こさせ、かつ特定の期間後に当該翻訳を停止させてタンパク質の産生量を制御し得る技術などが必要である。本発明は、特定の波長の光照射によってタンパク質の産生量を自在に制御し得るRNAを提供し、空間および時期を選択して可逆的に、その翻訳によって産生されるタンパク質の量を制御可能なRNAを提供することができる。
用途利用分野 ヌクレオシド化合物を含むRNA、RNAからタンパク質産生量を制御する方法、ヌクレオシド化合物
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人理化学研究所, 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 小笠原 慎治, 前田 瑞夫, . ヌクレオシド化合物を含んでいるRNA、および当該RNAからのタンパク質の産生量を制御する方法. 特開2011-207863. 2011-10-20
  • C07H  21/02     
  • C07H  19/167    
  • C12N  15/09     

PAGE TOP