TOP > 技術シーズ検索 > 非接触信号伝送システムおよび方法

非接触信号伝送システムおよび方法

シーズコード S130010406
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 一木 正聡
  • 須賀 唯知
  • 黒木 啓介
  • 鈴木 章夫
  • 伊藤 寿浩
  • 前田 龍太郎
技術名称 非接触信号伝送システムおよび方法
技術概要 センサユニット1と信号処理ユニット2は、各々独立に製造することができるので、製品の出荷時に、信号伝送システム101として組み立てられている必要はない。例えば、センシングすべき環境が動かせない場合は、そこにセンサユニット1を配置し、その後信号処理ユニット2を容量結合させるように配置できる。第1の電極4と、第1の電極4に電気的に接続された少なくとも1つのセンサ素子3とを含むセンサユニット1と、第1の電極4と容量結合された第2の電極6と、増幅器5とを含む信号処理ユニット2と、を備える。そして、センサユニットと信号処理ユニットとは、着脱可能である。さらに、少なくとも1のセンサ素子が複数のセンサ素子である場合に、1または複数種類のセンサから構成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2011-195674.gif
研究分野
  • 通信方式一般
展開可能なシーズ センサユニットと信号処理ユニットとを着脱可能に接合することができ、容量結合によりセンサユニットから信号処理ユニットへ信号を伝送する、非接触信号伝送システムを提供する。
センサユニットと、信号処理ユニットを備える、着脱可能な、非接触信号伝送システムにより、伝送路が光透過性でなくても良く、光源および受光部に、電気・光および光・電気変換機構が必要でなく比較的長寿命にできる。
用途利用分野 非接触信号伝送システム、環境センシング、状態モニタリング、モバイル電子機器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, 国立研究開発法人産業技術総合研究所, . 一木 正聡, 須賀 唯知, 黒木 啓介, 鈴木 章夫, 伊藤 寿浩, 前田 龍太郎, . 非接触信号伝送システムおよび方法. 特開2012-079296. 2012-04-19
  • G08C  19/00     
  • H01L  29/84     

PAGE TOP