TOP > 技術シーズ検索 > 脳波測定装置

脳波測定装置

シーズコード S130010429
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 中村 政俊
  • 柴崎 浩
技術名称 脳波測定装置
技術概要 脳波を時系列の電位信号として測定すると共に眼球運動による電位変化を眼電図として測定する脳波計と、眼電図の電位変化から瞬目の発生を検出する手段と、検出された瞬目に対する眼電図から求めた正規化パラメータ(瞬目に起因するアーチファクトの持続時間及び振幅に関する5種類のパラメータ)を用いて脳波測定の時系列データ中の瞬目発生部分のデータを正規化する手段と、正規化された脳波データについて加算平均を行う手段と、加算平均された脳波データについて正規化パラメータを用いて逆正規化処理を行い、瞬目の発生時間に対応する瞬目アーチファクトの推定波形を求める手段と、脳波の時系列データから前記推定波形を除去する手段とを具える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-139849.GIF
研究分野
  • 医療用機器装置
展開可能なシーズ 記録された脳波中には脳の活動以外の筋活動や眼球運動等の他の現象に起因する電位変化(アーチファクト)が同時に記録されてしまう。そのため、眼球運動に付随する電位変化を単一電流源に由来する電位分布より推定して除去したデータから脳波が判読されているが、測定精度の問題や、測定の頭位、眼球運動の質が一定である要件が課せられていた。さらに、測定が終了後に瞬目アーチファクトの除去を行うため、実時間測定は不可能であった。脳波測定中に瞬目アーチファクトが混入しても、その影響を高精度に除去できると共に脳波測定を実時間で実行できる脳波測定装置を実現する。
正規化及び加算平均処理により、瞬目アーチファクトによる波形を一層正確に認定でき、脳波の測定精度を改善できる。これらのデータ処理は脳波の測定中にリアルタイムで実行可能であり、脳波の自動判読装置の実現が可能になる。
用途利用分野 脳波測定装置、脳波計、眼電位図
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 中村 政俊, 柴崎 浩, . 脳波測定装置. 特開平11-318843. 1999-11-24
  • A61B   5/0476   
  • A61B   3/113    

PAGE TOP