TOP > 技術シーズ検索 > 光増幅方法、光増幅装置、及び光増幅用光共振器

光増幅方法、光増幅装置、及び光増幅用光共振器

シーズコード S130010463
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 福田 行男
技術名称 光増幅方法、光増幅装置、及び光増幅用光共振器
技術概要 内部に音響光学素子と、その内部両端に反射鏡とを具えた光共振器を用いて増幅を行う光増幅方法である。所定のレーザ光源(10)からの連続光を光共振器(20)内に導入し、光共振器内に設けられた反射鏡(21,22)によって共振させ、増幅された連続光を得る。次いで、この増幅光を音響光学素子(30)に入射させ、所定の高周波電気信号を印加することにより、増幅された連続光をパルス化する。さらに、このパルス光を音響光学素子の音響光学効果によって斜め方向に回折させる。そして、この回折光を光共振器に設けられた窓や光ファイバなどを用いて外部に取り出すことにより、増幅された連続光をパルス光として得るものである。図1に光増幅器の構成図を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-373679.gif
研究分野
  • レーザ一般
  • 光デバイス
展開可能なシーズ 増幅媒質を用いない、従って使用の増幅媒質による自発放射光を増幅光から分離するための機器を必要としない広範囲な波長領域における増幅が可能な新しい光増幅方法および光増幅装置を提供する。
増幅媒質が挿入された光増幅用光共振器を用いた従来の光増幅方法及び光増幅器と異なり、自発放射による不必要な光を生じることなく、広範囲な波長領域における増幅を可能とする。
用途利用分野 光増幅器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人神戸大学, . 福田 行男, . 光増幅方法、光増幅装置、及び光増幅用光共振器. 特開2002-176219. 2002-06-21
  • H01S   3/10     
  • G02F   1/11     
  • G02F   1/33     

PAGE TOP