TOP > 技術シーズ検索 > 有機半導体レーザ

有機半導体レーザ

シーズコード S130010471
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 谷口 彬雄
  • 安達 千波矢
  • 小山 俊樹
  • 名川 倫郁
技術名称 有機半導体レーザ
技術概要 有機半導体レーザは、陽電極層1、正孔輸送層2、発光層3、電子輸送層4、陰電極層5がこの順で積層されており、陽電極層と陰電極層との間に電圧を印加することにより発光層で発光した光が、矢印方向へ、端部から放出されるように構成されたものである。本有機半導体レーザは、正孔輸送層と電子輸送層とが、正孔輸送層、発光層、電子輸送層の各材料の屈折率と、発光層に導入された発光色素材料の発光波長から規定される一定の膜厚を必要とし、かつ発光層で発光した光が全反射を繰り返しながら増幅がされようにするために、光が放出される方向の長さが、発光層で発光した光の波長の整数倍の長さである点で有機EL素子と異なっている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-261286.gif
研究分野
  • 固体デバイス製造技術一般
  • 半導体レーザ
展開可能なシーズ 色素レーザ及び光励起による有機半導体レーザでは、有機色素材料に光を照射しなければならず、別に有機色素材料励起用の光源を用意する必要があり、産業上あるいは日常的に使用する電子機器に組み込むには適当でない。そこで、有機色素材料励起用の光源を必要としないで、容易にレーザ光を得ることができる電流励起型の有機色素材料を用いたレーザを提供する。
簡単な構造を持ち、電流励起によりレーザ光を発生するので、各種電子機器などに実用的に組み込むことができる。
用途利用分野 有機半導体レーザ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人九州大学, . 谷口 彬雄, 安達 千波矢, 小山 俊樹, 名川 倫郁, . 有機半導体レーザ. 特開2000-156536. 2000-06-06
  • H01S   3/16     
  • H05B  33/00     
  • H05B  33/14     
  • H05B  33/22     

PAGE TOP