TOP > 技術シーズ検索 > バイオマスのガス化方法、およびそれに用いられる触媒

バイオマスのガス化方法、およびそれに用いられる触媒

シーズコード S130010493
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 山田 宗慶
  • 冨重 圭一
  • アサドゥラ・モハマド
  • 国森 公夫
技術名称 バイオマスのガス化方法、およびそれに用いられる触媒
技術概要 Ce(NH)(NOおよびMの水溶液を用いてインシピエントウェットネス法によりCeO/Mタイプ担体を調製し、Rhのアセトン溶液でCeO/Mタイプ担体を含浸することによりRh担持させてなるバイオマスガス化触媒と図に示す連続供給流動床反応器を用いて、バイオマスとしてのセルロース粒子のガス化を行う。空気および水は、反応器の底から導入し、石英分散板を介して触媒床に到達させる。分解生成ガスとして、一酸化炭素、二酸化炭素、メタンガス含有ガスを得る。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-366823.GIF
研究分野
  • 生物燃料及び廃棄物燃料
  • 触媒の調製
展開可能なシーズ Rhを担持させてなる触媒が収容された内部管が設けられた流動床反応器を加熱する工程と流動床反応器に記バイオマス粒子を導入する工程と流動床反応器の下部から空気および水蒸気を導入する工程とバイオマス粒子及びその分解生成ガスを触媒表面と接触させ、空気および水蒸気と反応させることにより、水素を製造する工程より構成されるバイオマスガス化技術とガス化用触媒を提供する。
触媒表面上へタールやチャーを生成させることなく、800℃未満の低温でバイオマスを効率よくガス化して、水素および合成ガスを製造する方法を提供する触媒を、流動層反応器を用いてバイオマスと反応させることにより、通常ではとても実現できない低温で、ガス化率100%を得ることができる。
用途利用分野 バイオマスガス化、ガス化用触媒
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東北大学, . 山田 宗慶, 冨重 圭一, アサドゥラ・モハマド, 国森 公夫, . バイオマスのガス化方法、およびそれに用いられる触媒. 特開2003-246990. 2003-09-05
  • C10J   3/54     
  • B01J  23/63     
  • C10J   3/00     

PAGE TOP