TOP > 技術シーズ検索 > 高分子微粒子の製造方法

高分子微粒子の製造方法

シーズコード S130010502
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 千葉 史子
  • 前田 裕子
  • 戸谷 健朗
  • 渡邊 敏行
技術名称 高分子微粒子の製造方法
技術概要 陽極酸化して得られるポーラスアルミナをテンプレートとして、高分子微粒子の電解重合を行い、さらに、アルミテンプレートを溶解することにより高分子微粒子を単体で取り出す。ポーラスアルミナとしては、アルミニウムを酸性電解液中あるいはアルカリ電解液中で陽極酸化することによりアルミニウムの表面に形成される多孔性のアルミナ膜であり、膜面に垂直な細孔が自己規制化的に形成され、細孔径の均一性が比較的良好であるという特徴を有しているものを用いる。
研究分野
  • 単独重合
展開可能なシーズ 電解重合法により高分子微粒子を作製するに際し、アルミニウムを陽極酸化してえられるポーラスアルミナをテンプレートとして使用し、電解重合に使用したテンプレートを、酸性水溶液あるいはアルカリ性水溶液にて溶解させて高分子微粒子をとりだすことで得られる高分子微粒子とその製造技術を提供する。
アルミニウムを陽極酸化してえられるポーラスアルミナをテンプレートとして使用し、このテンプレートを溶解させることにより高分子微粒子をとりだすので、形状が均一な高分子微粒子を得ることができる。
用途利用分野 高分子微粒子、高分子微粒子製造技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東京農工大学, . 千葉 史子, 前田 裕子, 戸谷 健朗, 渡邊 敏行, . 高分子微粒子の製造方法. 特開2004-161832. 2004-06-10
  • C08G  85/00     
  • C08G  61/02     
  • C08G  61/12     

PAGE TOP