TOP > 技術シーズ検索 > 画像分割処理方法、画像分割処理装置、リアルタイム画像処理方法、リアルタイム画像処理装置及び画像処理集積化回路

画像分割処理方法、画像分割処理装置、リアルタイム画像処理方法、リアルタイム画像処理装置及び画像処理集積化回路

シーズコード S130010506
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 小出 哲士
  • マタウシュ・ハンスユルゲン
  • 森本 高志
  • 原田 洋明
技術名称 画像分割処理方法、画像分割処理装置、リアルタイム画像処理方法、リアルタイム画像処理装置及び画像処理集積化回路
技術概要 まず、入力画像メモリ11から画像の輝度値(以下、画素値)Iを順番に読み出し、結合重み計算回路12で結合重みWikの計算を行う。そして、リーダセル決定回路13で、結合重み計算回路12で計算した結合重みを基にリーダセルの決定(Σk∈N(i)Wik>φの判定)を行う。このように、入力画像の各画素iに対してパイプライン処理を行い、計算したWik,pのデータを画像分割セルネットワーク14に転送する。画像分割処理セルネットワーク14では、各画素(セル)に対して上述のアルゴリズムで示した動作を並列に実行し、画像分割処理を行う。そして画像分割結果を分割領域保存回路15に通して、出力画像メモリ16に出力する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-152491.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • 半導体集積回路
展開可能なシーズ カラー、グレースケールの自然画像に対する画像分割処理をディジタル回路としてハードウェアで実現することが可能な、アルゴリズムによるリアルタイムな画像分割処理方法を提供する。そのアルゴリズムを利用することによってディジタル回路で実現可能なアーキテクチャによる画像分割処理装置、リアルタイム画像処理方法、リアルタイム画像処理装置及び画像処理集積化回路を提供する。
カラー、グレースケールの自然画像に対する画像分割処理を、入力画像の全ての画素に対して並列に処理を行うことで、リアルタイム処理を実現することが可能なアルゴリズムによる画像分割処理方法を提供することができる。
用途利用分野 画像認識システム、ディジタルカメラ、ロボットビジョン、セキュリティシステム、人工知能システム、画像処理集積化回路
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 小出 哲士, マタウシュ・ハンスユルゲン, 森本 高志, 原田 洋明, . 画像分割処理方法、画像分割処理装置、リアルタイム画像処理方法、リアルタイム画像処理装置及び画像処理集積化回路. 特開2003-346142. 2003-12-05
  • G06T   3/00     
  • G06T   1/20     
  • G06T   7/00     
  • H04N   1/40     

PAGE TOP