TOP > 技術シーズ検索 > ホタテの白干し製品の製造法

ホタテの白干し製品の製造法

シーズコード S130010531
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 山▲崎▼ 雅夫
  • 西岡 不二男
  • 浅岡 大介
技術名称 ホタテの白干し製品の製造法
技術概要 ホタテの貝柱に水晒処理及び塩水煮処理を行った後、過熱水蒸気で焙焼処理し、該焙焼処理に引き続いて減圧乾燥及び/又は通風乾燥を行い、貝柱の水分率を20%以下に減少させてホタテ白干し製品を製造する方法において、上記水晒処理及び/又は塩水煮処理においてアルカリ水又はアルカリ土類金属塩を含む水溶液を使用することを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-410982.gif
研究分野
  • 魚類以外の水産動物
展開可能なシーズ ホタテ白干し製品の製造において、製造時間の短縮を図りかつ褐変や身割れを抑制し食味・食感も良好な高品質の製品を得ることのできる製造法を提供する。
ホタテ白干し製造の期間の短縮と高品質化とを実現することができる。1)製造期間を4日程度に短縮することができる、2)白干しの品質を左右する褐変度については一等品以上のものを製造することができる、3)製造した白干しにはグリコーゲンや旨味核酸が多く残存する、4)身割れについては、水晒処理を15分間以上行うことで抑制できる、5)天日乾燥を行わないため衛生管理面も向上される、などの効果がある。
用途利用分野 ホタテ白干し製造技術、ホタテ白干し製造装置、白干しホタテ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京農業大学, . 山▲崎▼ 雅夫, 西岡 不二男, 浅岡 大介, . ホタテの白干し製品の製造法. 特開2005-137340. 2005-06-02
  • A23L   1/33     

PAGE TOP