TOP > 技術シーズ検索 > 硬質塗膜の製造方法

硬質塗膜の製造方法

シーズコード S130010535
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 西出 利一
  • 高橋 知子
技術名称 硬質塗膜の製造方法
技術概要 硬質塗膜の製造方法は、ハフニアおよび/またはジルコニアとタンニン若しくはウルシオールを構成成分とする天然高分子、及び/又は、(メタ)アクリル酸類若しくは単官能アクリレート類とを含有するゾルを基材の表面に塗布することによりゲル膜を得て、その後、ゲル膜に紫外線照射して硬化塗膜を得る方法である。この方法において、天然高分子が、植物から取り出された天然タンニン類、又は漆であることが好ましい。
研究分野
  • 塗装・塗装設備一般
  • 自動車への塗装
  • その他への塗装,各種塗装法
展開可能なシーズ 従来の硬質塗膜を形成することのできる技術には、ゾルを基材表面に塗布すると「はじき」を生じるといった塗布性に問題があり、しかも膜厚が薄いという問題がある。また、めっきにクロムなどが用いると、環境問題によりクロムなどの使用が制限を受ける傾向にある。そこで、基材に対するゾルの塗布性が良好で、膜厚の大きな硬質膜を得ることのできること、およびクロムめっきに代替できる高硬度で色合いの良好な硬質塗膜の製造方法を提供する。
塗布性が良好で、硬度の大きな、濡れ性の良好な硬質塗膜を形成することのできる硬質塗膜の製造方法を提供することができる。また、タンニン又はウルシオールを構成成分とする天然高分子を含有する複合ゾルを用いることにより、クロムめっきに代替可能な高硬度の硬質塗膜を形成することのできる硬質塗膜の製造方法を提供することができる。
用途利用分野 撥水処理装置、塗装材料、塗装設備
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 西出 利一, 高橋 知子, . 硬質塗膜の製造方法. 特開2005-052774. 2005-03-03
  • B05D   7/24     
  • C09D   4/00     
  • C09D   7/12     
  • C09D 199/00     

PAGE TOP