TOP > 技術シーズ検索 > 硬質塗膜の製造方法

硬質塗膜の製造方法

シーズコード S130010536
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 西出 利一
  • 高橋 知子
技術名称 硬質塗膜の製造方法
技術概要 硬質塗膜の製造方法は、周期表3族、4族および5族から選ばれた少なくとも一種の金属の酸化物ゾルを、低くとも50%相対湿度環境下で基材の表面に塗布し、次いで、基材の表面に塗布された金属の酸化物ゾルを、加熱によらず紫外線照射により硬化処理する方法である。基材は、金属、プラスチックまたは金属酸化物であって、脱脂処理された金属であることが好ましい。また、金属の酸化物ゾルは、水溶液であることが好ましい。
研究分野
  • 塗装・塗装設備一般
  • 自動車への塗装
  • その他への塗装,各種塗装法
展開可能なシーズ 従来の技術の薄膜形成に用いる金属酸化物のゾルは、金属、プラスチック、金属酸化物などの基材に対する塗布性に劣り、また、形成される塗膜が不均一となる(塗膜ムラを生じる)という問題があった。塗布液は、環境上の配慮から、有機溶媒に代えて水を溶媒として用いることが要求されていて、この問題は、環境を配慮した機能性材料の製造という観点からも、解決されなければならない。そこで、金属酸化物ゾルの、基材に対する塗布性に優れ、しかも均質で、かつ高い硬度と優れた撥水性、光触媒性および高誘電性を有する塗膜を形成することのできる方法を提供する。
基材に対する金属酸化物ゾルの塗布性が良好であり、均質で、かつ高い硬度を有する塗膜を形成することができ、しかも、金属の種類に応じて優れた撥水性、光触媒性および高誘電性のいずれか一つまたは二つ以上の特性を有する塗膜を形成することのできる方法を提供することができる。
用途利用分野 撥水処理装置、塗装材料、塗装設備
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 西出 利一, 高橋 知子, . 硬質塗膜の製造方法. 特開2005-054116. 2005-03-03
  • B05D   5/00     
  • B05D   7/24     
  • C09D   1/00     
  • B01J  35/02     
  • C09D   7/12     

PAGE TOP