TOP > 技術シーズ検索 > ポリ塩化ビフェニル及びダイオキシン類の環境排出防止施設及びその環境排出防止方法

ポリ塩化ビフェニル及びダイオキシン類の環境排出防止施設及びその環境排出防止方法

シーズコード S130010540
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 佐々木 敏
  • 赤城 正晃
  • 渡辺 敦雄
  • 西田 修身
  • 永田 進一
技術名称 ポリ塩化ビフェニル及びダイオキシン類の環境排出防止施設及びその環境排出防止方法
技術概要 ポリ塩化ビフェニル及びダイオキシン類の環境排出防止施設30は、PCB廃棄物から液抜きされたPCB含有油及びPCB液を無害化処理するPCB無害化処理装置の下方にオイルパン38が敷設され、PCB無害化処理装置から漏洩したPCB含有油及びPCB液を回収するオイルパン38に冷却手段(冷却パイプ41)を備える。さらに、オイルパン38内にはオイルパン内の温度を計測する温度センサ40を備え、加えて、オイルパン外部には、オイルパン内に回収されるPCB含有油及びポリ塩化ビフェニル液中の油が引火して火災が発生すると警告信号を発する火災報知器48を備える。また、オイルパン内に向かって消化剤を散布する消化剤散布手段49を備える。さらに、オイルパン内に回収されたポリ塩化ビフェニル含有油及びポリ塩化ビフェニル液を除去して回収する気化抑制槽を備える。また、オイルパンとポリ塩化ビフェニル無害化処理装置との間に耐熱性の加熱防止板を備える。他にポリ塩化ビフェニル及びダイオキシン類の環境排出防止方法の発明あり。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-300293.gif
研究分野
  • 廃棄物処理一般
  • 汚染原因物質
展開可能なシーズ ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物を取扱う施設において、環境汚染が最も著しいと想定される事故は火災である。よって、PCB含有油及びPCB液中のPCBの気化及び火災の発生防止、万一火災が発生した場合の火災の拡大防止、及び生成されたダイオキシン類の建屋2外部への排出防止の積極的な対策が必要となる。そこで、PCBの気化量の低減及び火災発生の防止を図り、万一火災が発生しても火災の拡大を抑制すると共にPCB及びダイオキシン類の環境排出防止を図ることができるPCB及びダイオキシン類の環境排出防止施設及びその環境排出防止方法を提供する。
ポリ塩化ビフェニルの気化量の低減、火災発生の防止を図り、万一火災が発生しても火災の拡大を抑制すると共にポリ塩化ビフェニル及びダイオキシン類の環境排出防止を図ることができる。
用途利用分野 ポリ塩化ビフェニル無害化処理装置、環境排出防止施設
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人神戸大学, . 佐々木 敏, 赤城 正晃, 渡辺 敦雄, 西田 修身, 永田 進一, . ポリ塩化ビフェニル及びダイオキシン類の環境排出防止施設及びその環境排出防止方法. 特開2005-066479. 2005-03-17
  • B09B   5/00     
  • A62C   3/00     
  • C07B  35/06     
  • C07B  37/06     
  • C07C  25/18     

PAGE TOP