TOP > 技術シーズ検索 > 選別装置及び方法

選別装置及び方法

シーズコード S130010542
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 矢田 貞美
技術名称 選別装置及び方法
技術概要 活イカのように表面に損傷が生じやすい対象の大小をほとんど損傷なく選別することができる選別装置及び方法であって、選別装置は、給水口及び噴水孔を有する複数のロールを具え、これらロールの各々について、回転方向をロールの各々について、回転方向を同一にし、周速度を1.6m/sとし、傾斜角度を6°とし、噴水孔の各々について、ロールの軸線に対する傾斜角度を30~50°とし、孔径を2mmとする。そのことによって、従来ほとんど不可能であると考えられてきたロール面の水膜の厚さの均一化を良好に制御できる。また活イカの外套膜内包含水を排出する手段と、給水口及び噴水孔を有し、外套膜内包含水が排出された活イカを大小に応じて選別する複数のロールを具え、同様の制御を行なうものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-410262.gif
研究分野
  • 魚類以外の水産動物
展開可能なシーズ 活イカのように表面に損傷が生じやすい対象の大小をほとんど損傷なく選別することができる選別装置及び方法を提供する。
選別装置において、従来ほとんど不可能であると考えられてきたロール面の水膜の厚さの均一化を良好に制御できるようになり、その結果、活イカのように表面に損傷が生じやすい対象の大小をほとんど損傷なく選別することができる。
用途利用分野 生鮮魚類の大小を選別する装置、生鮮魚類の大小を選別する技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東京海洋大学, . 矢田 貞美, . 選別装置及び方法. 特開2005-168347. 2005-06-30
  • A01K  61/00     
  • B07C   5/04     
  • A22C  25/04     
  • B07B   1/14     

PAGE TOP