TOP > 技術シーズ検索 > 電流ミラー効果が生じる単電子デバイス

電流ミラー効果が生じる単電子デバイス

シーズコード S130010544
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 水柿 義直
技術名称 電流ミラー効果が生じる単電子デバイス
技術概要 本発明による、電流ミラー効果が生じる単電子デバイスは、クーロンブロッケイド現象が発現するn1個(n1を4以上の自然数とする。)のトンネル接合を有する第1の1次元直列アレイと、クーロンブロッケイド現象が発現するn2個(n2を4以上かつn1以下の自然数とする。)のトンネル接合を有する第2の1次元直列アレイと、前記第1の1次元直列アレイのk1番目のトンネル接合とk1+1番目のトンネル接合の間(k1を、2以上n1-2以下の自然数とする。)のポイントと、前記第2の1次元直列アレイのk2番目のトンネル接合とk2+1番目のトンネル接合の間(k2を、2以上n2-2以下の自然数とする。)のポイントとの間を容量結合する手段とを具える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-115352.gif
研究分野
  • 界面の電気的性質一般
展開可能なシーズ 容量結合する箇所を少なくするとともにミラー電流の向きを元の電流の向きと同一にすることができ、かつ、強い電流ミラー効果が生じる単電子デバイスを提供することである。
本発明による電流ミラー効果が生じる単電子デバイスは、従来の単電子デバイスに比べて、小さな結合容量で良好な電流ミラー効果が得られた。
用途利用分野 単電子デバイス
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 電気通信大学, . 水柿 義直, . 電流ミラー効果が生じる単電子デバイス. 特開2004-319932. 2004-11-11
  • H01L  29/66     

PAGE TOP