TOP > 技術シーズ検索 > 有機電界発光素子の作製方法、有機電界発光素子、及び有機電界発光層

有機電界発光素子の作製方法、有機電界発光素子、及び有機電界発光層

シーズコード S130010547
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 岡田 裕之
  • 大榮 政憲
  • 中 茂樹
  • 女川 博義
技術名称 有機電界発光素子の作製方法、有機電界発光素子、及び有機電界発光層
技術概要 有機電界発光素子10の作製を、可視光波長領域で透明な基板11上に可視光波長領域で透明な第1の電極12を形成し、第1の電極上に、低分子系有機正孔輸送材料、低分子系有機電子輸送材料、及び低分子系有機発光材料の混合物からなる発光層13を形成し、発光層上に金属電極からなる第2の電極14を形成する。好ましくは、混合物中に有機ホスト材料を含有させ、混合物を有機溶媒中に溶解して溶液状とし、得られた混合物溶液を第1の電極上に塗布することによって膜体を形成する。更に、低分子系有機正孔輸送材料を、N,N’-ジフェニル-N,N’-(3-メチルフェニル)-[1,1’-ビフェニル]―4,4―ジアミンとし、低分子系有機電子輸送材料を、2―(4―ビフェニル)-5-(p-tブチルフェニル)-1,3,4-オキサジアゾール、2,9―ジメチル-4,7-ジフェニル-1,10-フェナントロリン、及び4,4’-ビス(9-カルバゾール)-ビフェニルからなる群より選ばれる少なくとも一種とし、低分子系有機発光材料を、有機色素又は燐光材料とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-127368.gif
研究分野
  • 発光素子
展開可能なシーズ 高精細化及び大面積化を実現可能にするとともに、高信頼性及び高性能のデバイスを実現可能にする有機電界発光素子の作製方法、有機電界発光素子、及び有機電界発光層を提供する。
低分子系有機正孔輸送材料、低分子系有機電子輸送材料、及び低分子系有機発光材料の混合物から発光層を形成することで、有機電界発光素子の、発光層部分は単独の発光層のみから構成でき、発光層部分を塗布法のみを用いて形成することができ、微細なパターニングを行うことができ、微細な加工技術を実現できる。更に低分子系有機正孔輸送材料、低分子系有機電子輸送材料、及び低分子系有機発光材料を蒸着法で使用している低分子系材料から構成することで、有機電界発光素子、及びデバイスの信頼性及び性能が向上できる。
用途利用分野 テレビ、車載パネル、ゲーム機、照明器具、バックライト
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人富山大学, . 岡田 裕之, 大榮 政憲, 中 茂樹, 女川 博義, . 有機電界発光素子の作製方法、有機電界発光素子、及び有機電界発光層. 特開2004-335204. 2004-11-25
  • H05B  33/10     
  • H01L  51/50     

PAGE TOP