TOP > 技術シーズ検索 > レポーター遺伝子を組み込んだベクター

レポーター遺伝子を組み込んだベクター

シーズコード S130010555
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 藤林 靖久
  • 古川 高子
  • 高松 真二
  • 森 哲也
技術名称 レポーター遺伝子を組み込んだベクター
技術概要 レポータージーンとそれを検出するPETトレーサーの組み合わせとして、野生型または変異型エストロゲンレセプターのリガンド結合領域をレポーターとして、エストロゲンレセプターリガンド結合領域と親和性を持つF-18で標識したエストロゲンやエストロゲンアゴニストまたはアンタゴニストをトレーサーとして、生体内での目的遺伝子の発現を体外より非侵襲的にモニタリングするシステムを開発し、野生型または変異型エストロゲンレセプターのリガンド結合領域を治療遺伝子と同時に発現するベクターの作製することができた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-007549.gif
研究分野
  • バイオアッセイ
  • 医学的検査一般
展開可能なシーズ 遺伝子治療等における外来性遺伝子の生体内における発現を非侵襲的にモニタリングするためのレポーター遺伝子を組み込んだベクターを提供する。
レポーター遺伝子は、毒性がなく、その発現が細胞や個体に強い生理作用を与えず、抗原性がないかまたは非常に低く、内因性の発現が見られる場合はその発現部位が限定され、かつレポーターの発現を検出しようとする領域と重ならず、さらに発現効率がよく、翻訳後の修飾やフォールディングに問題がおこり難く、かつ遺伝子の取扱いが容易な低分子量蛋白である。この遺伝子を組み込んだベクターは、目的遺伝子の発現を非侵襲的に体外から容易に検出し、遺伝子発現の時間的、空間的変化をモニタリングするシステムに応用することができる。
用途利用分野 レポーター遺伝子を組み込んだベクター、非侵襲的モニタリング技術、PET用モニタリング技術、PETモニタリング用ベクター
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人福井大学, . 藤林 靖久, 古川 高子, 高松 真二, 森 哲也, . レポーター遺伝子を組み込んだベクター. 特開2005-198546. 2005-07-28
  • C12N  15/09     
  • C07K  14/72     

PAGE TOP