TOP > 技術シーズ検索 > 採水装置

採水装置

シーズコード S130010573
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 関山 哲雄
  • 田島 淳
  • 高橋 悟
  • 高橋 新平
技術名称 採水装置
技術概要 大気中の水蒸気を凝縮させて水を得る採水技術である。空気中に含まれる水蒸気を凝縮させて水(30)を得る採水装置(1)であって、冷媒を圧縮する圧縮器(10)と、圧縮器により圧縮された冷媒を冷却して凝縮する凝縮器(12)と、凝縮器により凝縮された冷媒を内部で気化させることにより、外部に接触する空気を冷却して空気中に含まれる水蒸気を凝縮させる蒸発器(14)と、外界から蒸発器の周辺へ水蒸気を含む空気を導く流路を構成するダクト(16)と、を含み、蒸発器に接触して冷却された後の空気を回収してダクトの外側に当て、ダクトの内側を通過する水蒸気を含む空気を予冷するようにダクトと蒸発器とを相対的に配置した、採水装置である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-099000.gif
研究分野
  • 化学装置一般
展開可能なシーズ 大気中の水蒸気を凝縮させて水を得る場合における取水効率の向上を可能とする技術を提供することを目的とする。
水蒸気を含んだ空気がダクト16内を通過する際にダクト16の外側からある程度冷却される(予冷される)ので、水蒸気を含む空気を凝縮器において凝縮させるために要する顕熱を低下させることができる。これにより、冷凍サイクルを利用する採水装置における取水効率の向上を図ることが可能となる。
用途利用分野 採水装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京農業大学, . 関山 哲雄, 田島 淳, 高橋 悟, 高橋 新平, . 採水装置. 特開2005-282197. 2005-10-13
  • E03B   3/28     
  • B01D   5/00     

PAGE TOP