TOP > 技術シーズ検索 > エタノールの製造方法およびエタノール製造システム

エタノールの製造方法およびエタノール製造システム

シーズコード S130010574
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 鈴木 昌治
  • 本多 宏明
技術名称 エタノールの製造方法およびエタノール製造システム
技術概要 デンプン質を含む原料を用い、発酵によりエタノールを得るエタノールの製造方法において、原料からペレットを形成するペレット形成工程と、ペレットに麹菌を接種して糖化ペレットを得る糖化工程と、糖化ペレットと酵母と水とから構成される発酵もろみの発酵開始時の水分含量を30~60重量%に調整して固体発酵を行う固体発酵工程と、を備えたエタノールの製造方法である。固体発酵とは、酵母の生育とエタノール発酵が可能な最小量の水分を保つ発酵もろみを用い、発酵開始から終了まで固形状で行う発酵法である。固体発酵法では、蒸留によりエタノールを回収した後は発酵残渣のみ生成されるため、廃液の発生がなく、廃液処理のための作業やコストが不要となる。また、液体発酵法と比較して水分含量が低いため、悪臭の発生が少なく、エタノールの回収も容易である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-232363.gif
研究分野
  • 微生物代謝産物の生産
展開可能なシーズ 固体発酵法によるアルコール生成方法およびシステムを開発し、アルコール生成過程において廃液を排出しないエタノールの製造方法及びエタノール製造システムを提供する。
アルコール発酵を、水分含量の比較的少ない固体発酵法で行うため、アルコール回収の際に問題となっていた廃液の発生がなく、廃液処理のための作業やコストが不要となる。また、蒸留後の残渣は酵母や麹菌由来のタンパク質を豊富に含むため、家畜用の飼料として利用することができる。
用途利用分野 エタノール、固体発酵によるエタノール製造技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京農業大学, . 鈴木 昌治, 本多 宏明, . エタノールの製造方法およびエタノール製造システム. 特開2005-065695. 2005-03-17
  • C12P   7/08     
  • C12M   1/00     

PAGE TOP