TOP > 技術シーズ検索 > 光刺激網膜検診方法及び光刺激網膜検診装置

光刺激網膜検診方法及び光刺激網膜検診装置

シーズコード S130010600
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 松本惣一セルソ
  • 古嶋正俊
  • 中塚和夫
技術名称 光刺激網膜検診方法及び光刺激網膜検診装置
技術概要 網膜全域への背景光源を白色発光ダイオードにし、網膜を刺激するピンスポット光の光源に超高輝度発光ダイオード(5000~18000mcd)にし、観察用の光源を赤外発光ダイオードにする。台形で表す赤外線カメラ1本体と、その上方に光学台2を介して取り付けた刺激光学系400と、光刺激による網膜からの生体電気信号を受信しその経時的変化をグラフ表示する網膜信号表示装置500とからなる。赤外線カメラ1本体は、眼球の正視ライン上に配列した画像光学系100と、正視ライン上途上から偏光ミラー200から下方に配列の観察光学系300とからなり、画像光学系100は、対物レンズ101、穴付ミラー102、集光レンズ103、画像集光レンズ104、から構成し、観察光学系300は、可動式ミラー200、フィールドレンズ201、ビームスプリッター202、画像集光レンズ203、赤外線発光ダイオード301、集光レンズ302、赤外線フィルター303、ミラー304、散乱フィルター305、集光レンズ307、リングスリット308、リレーレンズ309・310、から構成してなる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-225062.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 眼の診断
展開可能なシーズ シャープなonとoffが可能であり、高い電圧と電流(AC100V・2A)を必要とせず、またクーリング用の高速ファンが不要で、高性能のシールドルーム下でのノイズフリーな環境も不要な光刺激網膜検診装置を提供する。
眼底観察下でノイズの少ない高精度の網膜電図や視覚誘発電位の記録が可能となり、視力診断や視力治療効果の判定に非常に有益である。また、光源の熱による網膜毒性がなく安全性が高く、被検者の羞明感や不快感、苦痛を軽減できるので臨床応用に非常に適している。
用途利用分野 光刺激網膜検診装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 大分大学, . 松本惣一セルソ, 古嶋正俊, 中塚和夫, . 光刺激網膜検診方法及び光刺激網膜検診装置. 特開2006-042952. 2006-02-16
  • A61B   3/10     
  • A61B   3/14     

PAGE TOP