TOP > 技術シーズ検索 > 高分子フィルム又は繊維の変形方法及び高分子アクチュエータ

高分子フィルム又は繊維の変形方法及び高分子アクチュエータ

シーズコード S130010610
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 奥崎 秀典
技術名称 高分子フィルム又は繊維の変形方法及び高分子アクチュエータ
技術概要 導電性高分子フィルム又は繊維の変形方法は、電気刺激による水分子の吸脱着によって、導電性高分子フィルム又は繊維を変形せしめる方法において、内部応力が生じるように導電性高分子フィルム又は繊維を変形させた状態で電気刺激を与え、変形させた状態から、更に変形せしめる。導電性高分子フィルム又は繊維とは、中性高分子、高分子電解質、導電性高分子をいう。中性高分子としては、セルロース、セロファン、ナイロン、ポリビニルアルコール、等およびこれらの誘導体から選択される少なくとも1つが挙げられる。導電性高分子としては、ポリチオフェン、ポリピロール、ポリアニリン、ポリアセチレン、等およびこれらの誘導体から選択された少なくとも1つが挙げられる。これらの高分子フィルム又は繊維は、キャスト法、バーコーティング法、スピンコーティング法、スプレー法、電解重合法、化学的酸化重合法、溶融紡糸法、湿式紡糸法、固相押出法、エレクトロスピニング法から選択された少なくとも1つの手法を用いて作製することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-532731.gif
研究分野
  • 電気化学反応
展開可能なシーズ 従来の外部刺激により空気中などの気体中(乾式)で、素早く、繰り返し伸張、収縮、変形することができる高分子フィルム又は繊維でり、その変形率が、従来の10倍以上の変形率を実現することのできる高分子フィルム又は繊維の変形方法を提供する。また、変形率を備えた高分子フィルム又は繊維を使った高分子アクチュエータを提供する。原理的に表現すれば、高分子フィルム又は繊維に外力を加えて変形させ、かかる変形状態にある高分子フィルム又は繊維に外部刺激を与え、これにより分子の吸脱着を発生させ、高分子フィルム又は繊維を変形せしめる高分子フィルム又は繊維の変形方法を提供する。
従来の外部刺激による分子の吸脱着である、ピロール系高分子フィルム又は繊維の変形方法と比較して、10倍以上大きく変形する高分子フィルム又繊維の変形方法を提供することができる。この様な高分子フィルム又は繊維の変形方法を用いたアクチュエータによれば、従来にない大きな変位を確保できるアクチュエータを作成することができる。
用途利用分野 高分子フィルム、繊維、高分子アクチュエータ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山梨大学, . 奥崎 秀典, . 高分子フィルム又は繊維の変形方法及び高分子アクチュエータ. . 2008-05-08
  • C08J   7/00     
  • F03G   7/06     

PAGE TOP