TOP > 技術シーズ検索 > すべり案内及び同すべり案内を備えた工作機械

すべり案内及び同すべり案内を備えた工作機械

シーズコード S130010632
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 小幡 文雄
  • 上原 一剛
  • 岡本 尚機
技術名称 すべり案内及び同すべり案内を備えた工作機械
技術概要 この工作機械は、表面粗さが最大高さ0.1μm以下である鋼よりなる基台1と、基台1上をすべり移動する表面粗さが最大高さ0.1μm以下である鋼よりなる移動体2とよりなり、基台1と移動体2との間に40℃における動粘度85~170mm/sの潤滑油を介在させる。基台1及び移動体2を構成する金属面同志は一部において接触しており、基台1と移動体2間の空隙には潤滑油11が満たされ油膜が形成され、移動体2の基台1上の移動を円滑にする。移動体の速度に対する動摩擦係数は、低速度領域においても0.02~0.04程度の低い値ですべり速度に依存しない。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-120793_1.GIF thum_2004-120793_2.GIF
研究分野
  • 潤滑法
  • 工作機械要素,ジグ,チャック
展開可能なシーズ 従来のすべり案内は、一般的に、キサゲ加工により潤滑油を保持しようとするものであるが、低速度領域における動摩擦係数が高いゆえ、位置決め精度が低いという欠点がある。そこで、すべり速度が小さいときにも、即ち低速度域でも動摩擦係数の増加を招くことの無いすべり案内及び同案内を備えた工作機械を提供する。
高剛性のすべり案内の欠点の一つである低速度域での動摩擦係数の増加を抑えることができ、そのことによりすべり案内の位置決め精度の向上が図れる。また、すべり案内の特徴である耐びびり性(剛性と減衰能の積)が高く、加工時のびびりの発生を抑制することができ、高精度の位置決めが実現し、重切削対応型の工作機械を提供できる。又、送り速度を従来の1.5倍に、切り込み深さを従来の1.5倍にすることが現実的に可能となり、その場合加工能率を2倍強にすることができ、ステンレス鋼などの難削材に対しても有効な工作機械を提供できる。
用途利用分野 工作機械、すべり案内
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人鳥取大学, . 小幡 文雄, 上原 一剛, 岡本 尚機, . すべり案内及び同すべり案内を備えた工作機械. 特開2005-297167. 2005-10-27
  • B23Q   1/42     
  • F16C  29/02     

PAGE TOP