TOP > 技術シーズ検索 > インターフェース提示方法及びインターフェース提示システム

インターフェース提示方法及びインターフェース提示システム

シーズコード S130010637
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • ニコライ・ミレンコフ
  • 廣冨 哲也
技術名称 インターフェース提示方法及びインターフェース提示システム
技術概要 特異情報DB1、データ提示機能ブロック2、インターフェース提示機能ブロック3及び各機能要素を結ぶバスを備えている。データ提示機能ブロック2は、人間または機械8に適応を図ったデータの提示を行う部分であり、データ群DB4、データフィルタリング装置5、データ編成装置6、コンピュータ7により構成される。データ群DB4は、仮想世界および実世界のオブジェクトやプロセスの一つ以上の特徴を表すデータ群を格納する。インターフェース提示機能ブロック3は、提示されたデータを操作・閲覧するため、ユーザ14へのインターフェース部分であり、インターフェース群DB9、インターフェースフィルタリング装置10、インターフェース編成装置11、コンピュータ12、入出力装置13により構成される。コンピュータ12は、編成されたインターフェースをユーザ14に提供するため、制御情報を入出力装置13に供給し、また入出力装置13から与えられる情報を処理し、特異情報DB1にフィードバックする。入出力装置13は、与えられた制御情報に基づきインターフェースをユーザ14に提示し、コンピュータ12とユーザ14の間で情報のやり取りを行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-086903.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • 入出力装置
展開可能なシーズ 仮想世界および実世界の多様な主体を対象とすることができ、系統的に主体への適応が図られたインターフェースの提示を容易に実現できる、インターフェース提示方法及びインターフェース提示システムを提供する。
仮想世界および実世界を対象として、系統的に主体への適応が図られたインターフェースの提示ができる。
用途利用分野 インターフェース提示法、インターフェース提示システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人会津大学, . ニコライ・ミレンコフ, 廣冨 哲也, . インターフェース提示方法及びインターフェース提示システム. 特開2005-275710. 2005-10-06
  • G06F   3/048    

PAGE TOP