TOP > 技術シーズ検索 > 学習支援システム及び学習支援方法

学習支援システム及び学習支援方法

シーズコード S130010639
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 程 子学
  • 孫 勝国
  • 甘泉 瑞応
  • 程 同軍
技術名称 学習支援システム及び学習支援方法
技術概要 学習支援システムを用いた学習支援方法は以下のステップを備える。(1)収集部2が学習行動履歴データベース(DB)9に、収集部2で収集された学習者の学習行動の履歴を記録する。(2)照合部4により、学習指導要求DB10に記録された学習指導要求と、学習行動履歴DB9に記録された学習行動履歴とを照合し、結果を照合部が学習状況モデルDB11に記録し、支援部6が学習状況モデルDB11から照合結果を参照することにより、照合部4が照合結果を支援部6に送る。(3)分析部5が、学習行動履歴DB9に記録された特徴的な動作に基づきポイントを付与することにより、葛藤の大きさをタイプ毎に推定し、その結果を示す指標を心理モデルDB12に記録する。(4)支援部6が照合部4における照合結果に基づき、支援方策DB13を検索することにより、学習者に対する基本支援を特定する。(5)支援部6が、心理モデルDB12に記録された葛藤のタイプ及び大きさに基づき、支援方策DB13を検索することにより、基本支援に適用されるべき心理支援を特定する。(6)支援部6が特定された心理支援に基づき、学習者に提示されるべき基本支援の内容を変更する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-283213.gif
研究分野
  • 情報処理
  • データベースシステム
  • 情報サービス
展開可能なシーズ 学習指導要求と実際の学習行動との対応に基づいた学習支援が可能となるシステム、方法及びコンピュータプログラムを提供する。また、学習指導要求と実際の学習行動との対応に基づいて、学習者の学習状況と心理状態を把握することができ、学習者の学習状況と心理状態とに応じて、各学習者に適切な学習支援を可能にする。
この支援方法によれば、学習指導要求と実際の学習行動との対応に基づいた学習支援が可能となる。また、この支援方法によれば、学習者の行動を分析し、その結果(心理モデル)に応じた学習支援を行うことができる。
用途利用分野 学習支援システム、学習支援プログラム、データベース
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人会津大学, . 程 子学, 孫 勝国, 甘泉 瑞応, 程 同軍, . 学習支援システム及び学習支援方法. 特開2006-098603. 2006-04-13
  • G09B   7/04     

PAGE TOP