TOP > 技術シーズ検索 > 枠なし文字認識と訂正方法および装置ならびにその記憶媒体

枠なし文字認識と訂正方法および装置ならびにその記憶媒体

シーズコード S022000074
掲載日 2003年5月26日
研究者
  • 中川 正樹
研究者所属機関
  • 東京農工大学 工学部情報コミュニケーション工学科
研究機関
  • 東京農工大学 工学部情報コミュニケーション工学科
技術名称 枠なし文字認識と訂正方法および装置ならびにその記憶媒体
技術概要 手書きで文字を筆記し、それを認識させることによって入力を行う装置において、文字認識を容易にするために筆記枠を設けて、その枠ごとに文字を筆記させてきたが、この方法は手書き入力の良さである自然さを損なう欠点があった。本技術は、筆記枠なしで認識する手法を提供し、その利用技術において、ユーザにわかりやすく認識結果を表示し、その誤認識の訂正や書き直しを直感的で効率的に行える一連のハード及びソフト技術の提案である。本技術における文字認識の手順をフローに示す。ここで枠のない表示画面にペンダウン入力されるのは、手書き文字列であり、フローに従って区切り、切り出しをして認識をする。システム構成としては、入力モード処理部と表示訂正モード処理部と、認識エンジン部を含む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S022000074_01SUM.gif S022000074_02SUM.gif S022000074_03SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 枠なしの状態で手書き筆記される文字の認識手法は多く研究されてきているが、誤認識を簡便に訂正する方法は見かけない。従来の枠あり手書き文字認識・訂正方法から推測できる方法は、粋なし認識にあまり有効ではない。
研究分野
  • パターン認識
  • 人間機械系
展開可能なシーズ (1)筆記枠なしで手書き入力された文字の処理法
(2)誤認識の訂正方法
(3)枠なし文字認識と訂正方法
用途利用分野 ペンコンピュータやペン付きPDAでの文字入力
対話型電子白板での文字入力
その他、ペン付き情報端末での文字入力
関連発表論文 (1)坂東宏和, 福島貴弘, 加藤直樹, 中川正樹. 枠なし手書き文字列認識における誤認識訂正インタフェースの研究. 情報処理学会研究報告. vol.2000,no.61(HI‐89),2000,p.81‐88.
(2)坂東宏和, 福島貴弘, 加藤直樹, 中川正樹. 枠なし手書き文字列認識における誤認識訂正インタフェース. 情報処理学会論文誌. vol.43,no.6,2002,p.1996‐2005.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 中川 正樹, 坂東 宏和, . 文字認識方法、文字認識プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び文字認識装置. 特開2001-351065. 2001-12-21
  • G06K   9/03     
  • G06F   3/048    
  • G06F   3/041    
  • G06K   9/62     

PAGE TOP