TOP > 技術シーズ検索 > 工具参照面計算方法、工具参照面計算プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び工具参照面計算装置

工具参照面計算方法、工具参照面計算プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び工具参照面計算装置

シーズコード S022000075
掲載日 2003年5月26日
研究者
  • 乾 正知
研究者所属機関
  • 茨城大学 工学部システム工学科
研究機関
  • 茨城大学 工学部システム工学科
技術名称 工具参照面計算方法、工具参照面計算プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び工具参照面計算装置
技術概要 本技術は、NC装置における工具軌跡のうち工具参照面の高速な計算法に関するものである。 3軸のNC工作機械用の工具経路を計算する際には、切削工具の製品への削り込みを防止するために、製品の形状を予め工具の逆形状分膨らませた、工具参照面と呼ばれる形状を生成する。工具参照面は、製品の表面に沿って工具の逆形状を縦横に滑らせた時の、掃引形状の上面に相当する。 図に作業フローを示すが、本技術は、この工具参照面を、3次元グラフィックス表示装置の機能を用いて、高速に計算する方法である。 即ち、工具参照面の計算を高速化するために、掃引形状を構成する形状要素のうち、工具参照面に影響を与える部分だけを選択的に処理する方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S022000075_01SUM.gif S022000075_02SUM.gif S022000075_03SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 金型のような凹凸の多い形状のNC加工では複雑な工具経路の計算に長時間の処理時間を要する。
研究分野
  • フライス加工
  • 図形・画像処理一般
  • CAD,CAM
  • 切削一般
展開可能なシーズ (1)逆オフセット法による計算技術と3次元グラフィックス表示装置を利用した処理技術で工具参照面を高速計算する方法
(2)掃引形状を構成する形状要素のうち、工具参照面に影響を与える部分だけを選択的に処理する方法
(3)工具参照面計算プログラム及び工具参照面計算装置
用途利用分野 数値制御工作機械
NC工具経路計算
関連発表論文 (1)乾正知, 垣尾良輔. NC加工命令の高速な生成手法逆オフセット法のハードウェアによる高速化. 精密工学会誌. vol.66,no.12,2000,p.1901‐1905.
(2)乾正知, 高野誠人. 部分的な再描画によるNC加工プロセスの高速なアニメーション. 情報処理学会論文誌. vol.42,no.3,2001,p.478‐485.
(3)乾正知, CHOI W. NC加工命令の高速な生成手法逆オフセット法の高精度化. 精密工学会誌. vol.68,no.10,2002,p.1316‐1320.
(4)牛頭明徳, 松島大介, 乾正知. EZ‐map表現による逆オフセット法の高精度化. 精密工学会大会学術講演会講演論文集. vol.2001,春季,2001,p.59.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 乾 正知, . 工具参照面計算方法、工具参照面計算プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体及び工具参照面計算装置. 特開2001-242919. 2001-09-07
  • G05B 19/4093    
  • B23Q  15/00     
  • G06F  17/50     

PAGE TOP