TOP > 技術シーズ検索 > 新規なインテグラーゼおよびその遺伝子

新規なインテグラーゼおよびその遺伝子

シーズコード S130010688
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 高橋 秀夫
技術名称 新規なインテグラーゼおよびその遺伝子
技術概要 アクチノファージTG1由来のインテグラ-ゼは低濃度基質状態で、速やかに部位特異的組換えを触媒できる。すなわち、低濃度基質での反応が可能であり、また組換え反応が速やかに進行するのであれば、真核生物へ導入するDNA量を激減する事ができ、それゆえに部位非特異的な遺伝子組み込みを防ぐと同時に効率的な標的遺伝子組み込みが可能となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-056792.gif
研究分野
  • 遺伝子操作
  • 酵素の応用関連
展開可能なシーズ 部位非特異的な遺伝子組み込みを防ぎ、同時に効率的な標的遺伝子組み込みが可能なインテグラーゼを提供する。
インテグラーゼおよびその遺伝子が提供され、従来問題であった遺伝子治療あるいは真核生物のゲノム工学による育種における非効率な標的遺伝子組み込みが改善され、さらに副生する部位非特異な遺伝子組み込みを抑制し、効率的な標的遺伝子組み込みを可能とするものである。
用途利用分野 アクチノファージTG1由来インテグラーゼ、部位特異的組換え技術、アクチノファージTG1由来インテグラーゼ遺伝子
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学 , . 高橋 秀夫, . 新規なインテグラーゼおよびその遺伝子. 特開2007-228920. 2007-09-13
  • C12N  15/09     
  • C12N   9/00     

PAGE TOP