TOP > 技術シーズ検索 > スタンド兼計量具

スタンド兼計量具

シーズコード S130010689
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 渡部 敏
技術名称 スタンド兼計量具
技術概要 スタンド兼計量具Aは、全体が透明な円筒体本体1と、円筒体本体1の中央に形成された縦穴2と、縦穴2の内面に形成された目盛り3とを有するものである。このスタンド兼計量具Aでは、円筒体本体1は中央に縦穴2を有しており、使用時に、そこに、計量すべき溶液Cを貯留する貯留容器Bが安定的に差し込まれる。すなわち、円筒体本体1および縦穴2は貯留容器Bに対するスタンドとして機能する。また、円筒体本体1は全体が透明であり、レンズ現象を奏するので、縦穴2に挿入した貯留容器Bおよび貯留された溶液Cに対して、側面視では拡大鏡として機能する。そのために、見る者は溶液等に対する精緻な観察が可能となる。また、縦穴2には目盛り3が付されており、その目盛りを読むことにより、貯留容器Bに貯留される溶液等の容量を随時計量することができる。すなわち、円筒体本体1は拡大鏡付きの計量具としても機能する。このスタンド兼計量具Aは、それ単独で、スタンドと拡大鏡付き計量具としての双方の機能を奏することができ、実用上高い利便性を備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-073230.gif
研究分野
  • 長さ,面積,断面,体積,容積,角度の計測法・機器
展開可能なシーズ 容器に貯留される溶液等の容量や性状を拡大した状態で随時計量および観察することができるスタンドを兼ねた計量具を提供する。
試験管内に貯留する溶液等に対して、それ単独で、スタンドと拡大鏡付き計量具としての双方の機能を奏することができ、実用上高い利便性を備える。
用途利用分野 スタンド兼計量具
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 渡部 敏, . スタンド兼計量具. 特開2007-248306. 2007-09-27
  • G01F  19/00     
  • B01L   9/06     

PAGE TOP