TOP > 技術シーズ検索 > 対象物のタグ情報と位置情報とを特定するための無線ICタグ用タグ情報読み書きシステム

対象物のタグ情報と位置情報とを特定するための無線ICタグ用タグ情報読み書きシステム

シーズコード S130010742
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 石山 晶一
  • 一澤 泰平
  • 土佐 雅人
  • 程 子学
技術名称 対象物のタグ情報と位置情報とを特定するための無線ICタグ用タグ情報読み書きシステム
技術概要 複数のセンサ・アンテナユニット2と、3台のRF-IDリーダ/ライタ5と、マトリックスアンテナ切替機6と、処理装置7とを有している。マトリックスアンテナ切替機6は、1台のRF-IDリーダ/ライタに対して接続されるセンサ・アンテナユニット2のアンテナ3接続を切り替える装置である。処理装置7は、対物検出センサ4より識別情報を取得した場合、記録部8に記録される配設位置変換テーブルを用いることによって、センサ・アンテナユニット2の配設位置を求める。そして、求められたセンサ・アンテナユニット2のアンテナとRF-IDリーダ/ライタ5とが接続されるようにマトリックスアンテナ切替機6を制御し、RF-IDリーダ/ライタ5が、対象物を検出されたセンサ・アンテナユニット2のアンテナ3を介して無線ICタグの個体情報(タグ情報)を取得することができる。このようにして、無線ICタグとのデータ交信に用いられるアンテナ3と対象物の存在を検出する対物検出センサ4とが、センサ・アンテナユニット2において一体に形成されるため、無線ICタグを有する対象物を対物検出センサ4により確実に検出することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-005599.gif
研究分野
  • 固体デバイス
  • 入出力装置
展開可能なシーズ 無線ICタグを有する人や物等の対象物に関する個体情報(タグ情報)と、その対象物の位置情報とを関連づけて記録し、判断することが可能な、対象物のタグ情報と位置情報とを特定するための無線ICタグ用タグ情報読み書きシステムを提供する。
無線ICタグとのデータ交信に用いられるアンテナと対象物の存在を検出する対物検出センサとが、センサ・アンテナユニットにおいて一体に形成されるため、無線ICタグを備える対象物を対物検出センサにより確実に検出することができる。また、対物検出センサに一体に形成されるアンテナを介して無線ICタグとデータ交信を行うため、対象物が有する無線ICタグのタグ情報を確実に読み出し/書き込みすることができる。
用途利用分野 無線ICタグ用タグ情報読み書きシステム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人会津大学, . 石山 晶一, 一澤 泰平, 土佐 雅人, 程 子学, . 対象物のタグ情報と位置情報とを特定するための無線ICタグ用タグ情報読み書きシステム. 特開2007-188279. 2007-07-26
  • G06K  17/00     
  • H04B   5/02     
  • H04B   1/59     

PAGE TOP