TOP > 技術シーズ検索 > 多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、多変数テスト関数生成方法および多変数テスト関数を生成するためのプログラム

多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、多変数テスト関数生成方法および多変数テスト関数を生成するためのプログラム

シーズコード S130010744
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 趙 強福
技術名称 多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、多変数テスト関数生成方法および多変数テスト関数を生成するためのプログラム
技術概要 多変数テスト関数を生成するために用いられる訓練用データが記録される訓練用データ記録部部(訓練用データ記録手段)2と、多変数テスト関数を生成するための演算処理部3とを有している。さらに、演算処理部3により作成された多変数テスト関数を記録する多変数テスト関数記録部(多変数テスト関数記録手段)4を有している。訓練用データは、多変数テスト関数を作成するために必要とされるデータ群であり、各データは、(x1,x2、・・・xn、クラス)の形で記録される。ここで、x1、x2・・・は、分類を行うために用いられる要素データであり、クラスは分類(分割)されるべき分類情報を示している。演算処理部3は、訓練用データの要素データとしての判断条件(x1,x2、・・・xn)と、これらの判断条件(x1,x2、・・・xn)に基づいて求められる判断結果(クラス)とにより、判断条件から判断結果を算出する多変数テスト関数を生成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-034344.gif
研究分野
  • 人工知能
展開可能なシーズ 理解可能であって更に構築のための計算量および計算時間を短縮させることが可能な多変数テスト関数を生成するための、多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、多変数テスト関数生成方法および多変数テスト関数を生成するためのプログラムを提供する。
使用確率変数が所定値以上の訓練用データのみ、つまり誤判断率の高い訓練用データのみを繰り返し用いて、分類データのデータ情報を修正(更新)することによって、データ情報の更新に使用する訓練用データ量を減らしつつ、効率よく分類データの修正(更新)を行うことができ、全ての訓練用データを複数回使用して分類データの更新を行う場合に比べて処理量を減少させ、処理スピードを高めることができる。また、多変数テスト関数を用いた判断方法を容易に理解することができ、判断方法がブラックボックス化してしまうことを回避することができる。
用途利用分野 多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人会津大学, . 趙 強福, . 多変数テスト関数生成装置、多変数テスト関数生成システム、多変数テスト関数生成方法および多変数テスト関数を生成するためのプログラム. 特開2007-213442. 2007-08-23
  • G06N   3/00     

PAGE TOP