TOP > 技術シーズ検索 > 鉄道車両用防振体の試験装置

鉄道車両用防振体の試験装置

シーズコード S130010749
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 佐々木 君章
  • 渡辺 信行
  • 梅原 康宏
  • 小金井 玲子
技術名称 鉄道車両用防振体の試験装置
技術概要 鉄道車両用防振体の試験装置は、鉄道車両用防振体に与えられる変位に係る変位情報に基づいて鉄道車両用防振体の一端を加振する多自由度の加振手段2と、鉄道車両用防振体の他端に接続され、加振手段2の加振による鉄道車両用防振体の動作を計測する計測手段と、鉄道車両の運動シミュレーションの結果に基づいて変位情報を生成する情報生成手段と、を備えた。この試験装置において、試験対象の供試体を鉄道車両用ダンパとしている。供試体1の一端1aは、多自由度の加振機構である公知のモーションベース2(加振手段)によって支持され、他端1bは固定されている。モーションベース2によって、供試体1が加振される。モーションベース2は、伸縮自在に構成された6本のシリンダ(アクチュエータ)が支持フレーム220と台座230の間に介在する構造を有している。支持フレーム220上の供試体接続部240は供試体1の一端1aに接続されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-158679.gif
研究分野
  • 鉄道車両用機器
展開可能なシーズ 鉄道車両用防振体の多自由度の特性を試験することができる鉄道車両用防振体の試験装置を提供する。
加振手段によって多自由度の変位が鉄道車両用防振体に与えられるので、多自由度の変位に対する鉄道車両用防振体の応答特性を試験することができる。
用途利用分野 鉄道車両用防振体の試験装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 佐々木 君章, 渡辺 信行, 梅原 康宏, 小金井 玲子, . 鉄道車両用防振体の試験装置. 特開2007-327831. 2007-12-20
  • G01M   7/02     
  • G01M  17/08     
  • G01N   3/32     
  • B61K  13/00     

PAGE TOP