TOP > 技術シーズ検索 > 比内地鶏を識別するためのツールおよびその利用

比内地鶏を識別するためのツールおよびその利用

シーズコード S130010780
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 高橋 秀彰
  • 力丸 宗弘
技術名称 比内地鶏を識別するためのツールおよびその利用
技術概要 比内地鶏は一代交雑鶏であり、遺伝的に固定しているマーカーが存在しない。そこで一代交雑鶏である比内地鶏の検出に用いることができるDNAマーカーを見出し、これらを用いて検出することができる。(A)および(B)の条件を満たすプライマーセットを公知のプライマーセットより選定した:(A)Z染色体上に存在するマイクロサテライト領域を含む塩基配列からなるポリヌクレオチドを増幅するために用いることができる;および(B)増幅されたポリヌクレオチドの長さが、比内鶏において遺伝的に固定している。ABR0311を含む5つのマーカーについて、比内鶏において遺伝的に固定されているマーカーを他の鶏と比較することにより、雌においては、三つのマーカー(ABRZ1003、ABRZ1012、ABR0241)、雄においては五つのマーカー(ABR0311、ABRZ1003、ABRZ1012、ABR0241およびABRZ1008)を用いれば、99%以上の否定確率を得ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-304276.gif
研究分野
  • 動物分類学
  • 遺伝的変異
展開可能なシーズ 比内地鶏の検出方法および検出キットを提供する。
比内地鶏の検出方法および検出キットは、遺伝的に固定しているマーカーが全く検出されない場合に、検査した鶏が目的の鶏ではないと判定する方法である。なお、本DNAマーカーは、本プライマーキットを用いることにより取得し得る。またDNAマーカーは、従来方法とは異なり、公知のマーカーではなく、新規に見出されたマーカーである。本DNAマーカーは、Z染色体上に存在する領域を増幅することによって取得されるので、雌の鶏についての識別率を向上させることができる。この方法を用いれば、比内地鶏を他の鶏とを識別することができる。
用途利用分野 比内地鶏の検出方法、比内地鶏検出キット、比内地鶏検出プライマーキット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, 秋田県, . 高橋 秀彰, 力丸 宗弘, . 比内地鶏を識別するためのツールおよびその利用. 特開2008-118881. 2008-05-29
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/68     

PAGE TOP