TOP > 技術シーズ検索 > 信号受信装置及び方法

信号受信装置及び方法

シーズコード S130010803
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 羽入 敏樹
技術名称 信号受信装置及び方法
技術概要 本発明の信号受信装置は、所定の指向特性を有し、到来してくる信号を受信する受信部(2)と、受信部(2)により受信した信号から、その受信方向における方向情報を抽出する方向情報抽出部と、方向情報抽出部で抽出された方向情報に基づき、方向情報関数を生成する方向情報関数生成部と、受信部(2)の指向特性の方向別感度に基づき、指向特性関数を生成する指向特性関数生成部と、方向情報関数生成部で生成された方向情報関数と、指向特性関数生成部で生成された指向特性関数に基づき、空間デコンボリューション演算を行う空間デコンボリューション演算部とを有する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-515494.gif
研究分野
  • 音響測定
展開可能なシーズ 装置サイズの大型化を伴うことなく、所定の方向から到来してくる高周波数領域の信号から低周波数領域の信号までを受信する信号受信装置及び方法を提供することを目的とする。
本発明の信号受信装置及び方法は、空間デコンボリューション演算により周波数ごとの指向特性の違いがキャンセルされるので、各周波数で同一の指向特性が得られる。また、使用した元の指向性マイクロホンの指向特性を超える鋭い指向特性を実現できる。また、音場の任意の一点から方向情報を測定するので空間的な大きさは必要なくなり、小規模なサイズ構成により、特に低周波数領域を対象とした鋭い指向特性を得ることができる。さらに、空間デコンボリューション結果に対して所望の指向特性を空間コンボリューション演算することにより、所望の指向特性を任意に制御することができる。
用途利用分野 音響信号受信装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 羽入 敏樹, . 信号受信装置及び方法. . 2007-05-31
  • H04R   3/00     
  • H04R   1/40     
  • H04R   1/34     

PAGE TOP