TOP > 技術シーズ検索 > スキゾキトリウム属の微生物を用いた長鎖高度不飽和脂肪酸含有リン脂質の製造方法

スキゾキトリウム属の微生物を用いた長鎖高度不飽和脂肪酸含有リン脂質の製造方法

シーズコード S130010816
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 伊東 信
  • 安部 英理子
  • 林 康広
  • 林 雅弘
技術名称 スキゾキトリウム属の微生物を用いた長鎖高度不飽和脂肪酸含有リン脂質の製造方法
技術概要 ホスファチジルコリン(PC)のグリセロールの1位にC15:0の脂肪酸が、2位にC22:6の脂肪酸がそれぞれエステル結合した化合物であり、ホスファチジルコリン-ドコサヘキサエン酸(PC-DHA)の一種である1-ペンタデカノイル-2-ドコサヘキサノイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリンを産生する海洋性単細胞真核生物であるスキゾキトリウム属F26-b株を見出し、高度不飽和脂肪酸含有リン脂質生産能、特にDHA含有PC生産能を有し、これらの化合物は食品・医薬において利用することができる。これらの微生物は沿岸から堆積物や落葉、海藻などと共に採取した沿岸海水を濾紙で濾過することにより大きな浮遊物等を除去し、次いでメンブランフィルター(例えば孔径0.8μm)で濾過し、目的の微生物を含む粒径0.8~25μmの粒子をメンブランフィルター上に捕捉する。このフィルターを、培地上にのせて培養する。フィルター上に多数出現したコロニーの中から、例えば色、艶、形状、そして顕微鏡観察により所望の微生物のコロニーを選別し、培地上に接種し、その生産を検定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-342182.gif
研究分野
  • 微生物代謝産物の生産
  • 脂質一般
展開可能なシーズ DHA含有PC生産する菌及びその生産方法を提供する。
長鎖高度不飽和脂肪酸含有リン脂質、特にPC-DHAは食品、医薬の分野において有効に利用することができる。
用途利用分野 1-ペンタデカノイル-2-ドコサヘキサノイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン、1-ペンタデカノイル-2-ドコサヘキサノイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン製造技術、1-ペンタデカノイル-2-ドコサヘキサノイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン生産菌
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州大学, 国立大学法人 宮崎大学, . 伊東 信, 安部 英理子, 林 康広, 林 雅弘, . スキゾキトリウム属の微生物を用いた長鎖高度不飽和脂肪酸含有リン脂質の製造方法. 特開2007-143479. 2007-06-14
  • C12P  13/00     
  • C07F   9/10     
  • C12N   1/14     
  • C12P   7/64     
  • A23J   7/00     
  • A61K  31/685    

PAGE TOP