TOP > 技術シーズ検索 > 糖尿病性腎症の治療用医薬組成物

糖尿病性腎症の治療用医薬組成物

シーズコード S130010825
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 前島 洋平
  • 一瀬 邦弘
  • 槇野 博史
技術名称 糖尿病性腎症の治療用医薬組成物
技術概要 糖尿病性腎症の治療または予防用医薬組成物に関する。この医薬組成物は、3-(2-メチルカルボキシメチル)-6-メトキシ-8-ヒドロキシイソクマリンまたはその誘導体を有効成分として含むことを特徴とする。誘導体には、塩、エステル化物、アミド化物またはアシル化物が含まれる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-084218.gif
研究分野
  • 糖質代謝作用薬の臨床への応用
  • 代謝異常・栄養性疾患の治療
展開可能なシーズ 糖尿病性腎症の治療に有効な薬剤を提供する。
糖尿病性腎症の予防または治療に有効であって、3-(2-メチルカルボキシメチル)-6-メトキシ-8-ヒドロキシイソクマリン(NM-3)を投与したとき、陽性対照はビヒクル(PBS)投与のdb/dbマウスに比較して、尿中アルブミン・クレアチニン比(UACR)を減少させ(図1B)、クレアチニンクリアランスを低下させる(図1A)効果を有する。
用途利用分野 糖尿病性腎症治療用医薬組成物、糖尿病性腎症予防用医薬組成物、遅延放出製剤、胃溶性製剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 岡山大学, . 前島 洋平, 一瀬 邦弘, 槇野 博史, . 糖尿病性腎症の治療用医薬組成物. 特開2006-265145. 2006-10-05
  • A61K  31/352    
  • A61P   3/10     
  • A61P  13/12     

PAGE TOP