TOP > 技術シーズ検索 > 部位特異的アミノ酸導入法のための新規な直交化tRNA

部位特異的アミノ酸導入法のための新規な直交化tRNA

シーズコード S130010826
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 川井 淳
  • 川上 文清
  • 宍戸 昌彦
  • 大槻 高史
技術名称 部位特異的アミノ酸導入法のための新規な直交化tRNA
技術概要 tRNAとしての機能を有するRNAであって、例えば図1に示されている塩基配列番号1の塩基配列からなるRNA、ここで配列番号1における塩基31~34の「nnnn」は任意の塩基からなるアンチコドンである4塩基アンチコドンを表す。これらのRNAを用いて、部位特異的に非天然アミノ酸をタンパク質に導入することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-102868.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
  • 微生物,組織・細胞培養による物質生産一般
  • 蛋白質・ペプチド一般
展開可能なシーズ 翻訳効率が高く、なおかつ内在性のアミノアシル化tRNA合成酵素と反応しない、即ち直交性の高いtRNAが求められており、翻訳効率が高く、なおかつ直交性の高いtRNAを提供する。
本RNAを用いることにより、従来法に比べて非天然アミノ酸の部位特異的なタンパク質への導入効率が向上し、高効率な人工タンパク質合成やそれを利用したアッセイを行うことができる。
用途利用分野 直交化tRNA、部特異的アミノ酸導入技術、人工蛋白質合成技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 岡山大学, . 川井 淳, 川上 文清, 宍戸 昌彦, 大槻 高史, . 部位特異的アミノ酸導入法のための新規な直交化tRNA. 特開2006-280250. 2006-10-19
  • C12N  15/09     
  • C07K  14/00     
  • C12P  21/00     

PAGE TOP