TOP > 技術シーズ検索 > ビリルビン変性器及びビリルビン透析装置

ビリルビン変性器及びビリルビン透析装置

シーズコード S130010830
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 武田 吉正
  • 森田 潔
技術名称 ビリルビン変性器及びビリルビン透析装置
技術概要 ビリルビン変性器A1は、透析用カラムCの中空糸に緑色光を照射する照光部D1を備えている。照光部D1は、レーザー光源L1と、このレーザー光源L1から照射された光を中空糸に向けて照射する細線状の導光板からなる透光性繊維体11と、レーザー光源L1から透光性繊維体11まで光を導く光ファイバからなる導光管96とから構成している。また、本実施形態では、各透光性繊維体11と接続する各導光管96を、輸液送給口84に接続した第1連結具86、または輸液送出口85に接続した第2連結具87から透析用カラムCの内部に導入しており、透光性繊維体11及び導光管96が血液と直接的に接触することを防止して、血液に凝固などの不具合が生じることを防止している。透析用カラムC内への透光性繊維体11の配設数を多くすることによって、各透光性繊維体11に接続する導光管96を輸液送給口84と輸液送出口85とから挿入しているが、透光性繊維体11の配設数によっては、輸液送給口84と輸液送出口85のいずれか一方のみから導光管96を挿入してもよい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-194414_1.gif thum_2005-194414_2.gif
研究分野
  • 医療用機器装置
  • 生体計測
展開可能なシーズ 肝臓の機能低下あるいは機能不能に起因して、脂溶性ビリルビンを水溶性ビリルビンへと変性させる機能が低下した肝機能障害者の血液処理に用いる、ビリルビン変性器及びビリルビン透析装置を提供する。人工透析にともなってビリルビンの変性を行うことによって、感染症や血液凝固などのリスクができるだけ小さいとともに、肝機能障害者への身体的、時間的、経済的な負担がより少ない治療方法を提供する。
血液を透析するとともに水溶性ビリルビンを輸液に溶出させることができる。中空糸によって表面積を増大させて、血液に複数の透光性繊維体または透光性平板体より緑色光を照射できるので、水溶性ビリルビンへの変性を極めて向上させることができるビリルビン変性器である。透析用カラムの外部に設けた照光部から緑色光の照射を行なえるため、比較的低コストで緑色光の照射を行うことができる。
用途利用分野 ビリルビン変性装置、人工透析装置、ビリルビン変性器、透析装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人岡山大学, . 武田 吉正, 森田 潔, . ビリルビン変性器及びビリルビン透析装置. 特開2007-007292. 2007-01-18
  • A61M   1/36     
  • A61M   1/18     
  • A61M   1/20     

PAGE TOP