TOP > 技術シーズ検索 > タップインダクタ降圧形コンバータ

タップインダクタ降圧形コンバータ

シーズコード S130010860
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 西嶋 仁浩
技術名称 タップインダクタ降圧形コンバータ
技術概要 従来のタップインダクタ降圧形コンバータと異なり、本発明では、クランプコンデンサCcを1次巻線と直列に挿入し、クランプスイッチにより、タップインダクタの電流を転流させる。これにより、漏れインダクタンスによるスイッチングサージが抑制される。さらに、従来方式の動作が昇降圧形コンバータの動作に似ているのに対し、本発明のコンバータは、降圧形コンバータに近い動作と成るため、より低い出力電圧を生成でき、制御の安定度も高い。さらに、主スイッチとクランプスイッチに低い耐圧の素子を使用でき、インダクタの重畳電流が少なく、駆動回路に既存のICが利用できるため、回路を小型で部品点数の少ないものに出来る。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-132931.gif
研究分野
  • 電力変換器
展開可能なシーズ タップインダクタ方式の降圧形コンバータは、一見、降圧形コンバータの改良形の様に見えるが、実際には、フライバックコンバータや昇降圧形コンバータに近い動作となるため、降圧形コンバータの持つ利点を失ってしまう。そこで、従来のタップインダクタ降圧形コンバータに比べて、降圧比が大きく取れ、部品を小型化や部品点数の削減が可能で、高効率、低ノイズのコンバータを提供することを目的とする。
従来方式と同様に、スイッチング損失とサージを低減できるだけでなく、従来方式の回路動作が昇降圧形コンバータに近いのに対して、降圧形コンバータに近い動作となるため、降圧形コンバータの利点を引き継ぐことが出来る。
用途利用分野 電力変換器、昇降圧コンバータ、DC-DCコンバータ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人大分大学, . 西嶋 仁浩, . タップインダクタ降圧形コンバータ. 特開2006-311741. 2006-11-09
  • H02M   3/155    

PAGE TOP