TOP > 技術シーズ検索 > ジオポリマー組成物及びその製造方法

ジオポリマー組成物及びその製造方法

シーズコード S130010888
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 上原 元樹
技術名称 ジオポリマー組成物及びその製造方法
技術概要 このジオポリマー組成物は、フィラーとアルカリ活性剤と骨材を原料とし、アルカリ活性剤は、アルカリ量/水量のモル比が0.1以上である。このジオポリマー組成物は、フィラーとアルカリ活性剤と骨材を原料とし、アルカリ活性剤は、アルカリ量/水量のモル比が0.15~0.23の範囲である。このジオポリマー組成物は、アルカリ活性剤が、少なくとも水酸化カリウム、水酸化ナトリウム、珪酸ナトリウム、珪酸カリウムのいずれかを含む。このジオポリマー組成物は、フィラーとアルカリ活性剤と骨材を原料とし、アルカリ活性剤が水酸化ナトリウム溶液及び珪酸ナトリウム溶液からなり、モルタルフロー値が15cm以上である。このジオポリマー組成物は、フィラーが少なくともフライアッシュ、高炉スラグ、下水焼却汚泥のいずれかを含む。このジオポリマー組成物の製造方法は、フィラーと、アルカリ活性剤と、骨材とを原料として混合し、その混合物を反応させて製造する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-085659.gif
研究分野
  • 煉瓦・耐火物一般
展開可能なシーズ CO2排出量の低減と産業廃棄物有効活用を目的に、ポルトランドセメントを使わないコンクリートを作製する技術として、ジオポリマー法が注目されている。そこで、建設用・土木用・構造体形成用などに適し、CO2削減及び産業廃棄物有効利用の観点から、ジオポリマー法を用いた、コンクリートやモルタルに代わるジオポリマー組成物及びその製造方法を提供する。
このジオポリマー組成物によれば、フィラーと、アルカリ活性剤と、骨材とを原料としたことで、アルカリ活性剤によって活性化されたフィラーがバインダーとなり原料混合物を結合できるため、従来のポルトランドセメントを使わずに、従来のコンクリートやモルタルに代わるジオポリマー組成物として用いることで、化学的に安定で強度の高い構造体を得ることができる。そのためCO2の排出量も削減できると共に、産業廃棄物からなるフィラーを用いたならば、廃棄物の有効活用となる。
用途利用分野 コンクリート代替品、モルタル代替品、セメント代替品
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 上原 元樹, . ジオポリマー組成物及びその製造方法. 特開2008-239446. 2008-10-09
  • C04B  28/26     
  • C04B  18/08     
  • C04B  18/14     
  • C04B  18/10     
  • C04B  22/06     
  • C04B  22/08     

PAGE TOP