TOP > 技術シーズ検索 > 風洞模型非接触支持方法及び装置

風洞模型非接触支持方法及び装置

シーズコード S130010910
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 清野 寛
  • 斉藤 実俊
技術名称 風洞模型非接触支持方法及び装置
技術概要 冷却容器11の台座14上に超電導バルク体12を固定し、同容器11を模型10内にはめ込む。この模型10を、風洞内面20に配置された永久磁石21に対して、スペーサなどを介して所定のスキマを開けて支持する。冷却容器11に寒剤13を注入して、超電導バルク体12を臨界温度以下まで冷却して超電導状態とする。すると、超電導バルク体12の磁場捕捉作用により、同バルク体12内に、永久磁石21から発生した磁場分布が記憶される。その後、スペーサを外すと、超電導バルク体12、すなわち、模型10は、記憶された磁場分布に基づいて永久磁石21、すなわち、風洞内面20に対して前述のスキマを開けた状態で支持される。模型10に抗力が作用すると、その力は、永久磁石21の側に取り付けた荷重センサ24で測定される。また、模型10に揚力が作用すると、永久磁石21の側に取り付けた荷重センサ34で測定される。また、模型10の進行方向をY方向として、左右動付与機構40により外支持部材32をX方向に動揺させると、模型10は左右方向に動揺する。この場合、模型10が左右方向に動揺した時の抗力や揚力も荷重センサ24、34で測定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-213314.gif
研究分野
  • 風洞,各種試験装置,付属装置
展開可能なシーズ 支持部材が不要であるとともに、比較的簡単な構成で風洞模型を非接触で支持する方法及び装置を提供する。
超電導バルク体を使用することにより、支持部材が不要であって、比較的簡単な構成で風洞模型を非接触で支持する方法及び装置を提供することができる。
用途利用分野 風洞非接触支持装置、船舶水槽試験装置、流体機械試験装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公益財団法人鉄道総合技術研究所, . 清野 寛, 斉藤 実俊, . 風洞模型非接触支持方法及び装置. 特開2009-047524. 2009-03-05
  • G01M   9/06     

PAGE TOP