TOP > 技術シーズ検索 > ケラチンフィルムを用いた毛髪損傷度測定方法

ケラチンフィルムを用いた毛髪損傷度測定方法

シーズコード S130010919
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 川副 智行
  • 渡辺 智子
  • 藤井 敏弘
技術名称 ケラチンフィルムを用いた毛髪損傷度測定方法
技術概要 ケラチンフィルムを用いた、紫外線による毛髪損傷度を測定する方法について鋭意研究を重ねた結果、個体差を無くした均一ケラチンフィルムを用いることにより、測定値のばらつきが改善され、紫外線による毛髪損傷度との相関に優れた測定方法を見出し、本発明を完成するに至った。すなわち、本発明は、毛髪を蛋白質変性剤および還元剤により溶解させた毛髪ケラチン蛋白質溶液と、展開用溶液とを接触させ、乾燥させた後に得られるケラチンフィルムを用いた、紫外線による毛髪損傷度の測定方法を提供する。この紫外線による毛髪損傷度の測定には、ケラチンフィルムを測定検体として用いる。測定方法は、ケラチンフィルムに紫外線を照射し、紫外線照射後のケラチンフィルムを染色し、その後洗浄する。洗浄後のケラチンフィルムを乾燥させた後、蛍光輝度または蛍光強度を測定する。
研究分野
  • 外皮作用薬の基礎研究
  • 化粧品
展開可能なシーズ 測定値のばらつきが改善され、簡便な紫外線毛髪損傷度の測定方法を提供する。
測定値のばらつきがなく、紫外線による毛髪損傷との相関性に優れた毛髪損傷度の測定が可能となる。
用途利用分野 毛髪損傷度測定器、毛髪用化粧品評価装置、天然皮革評価装置、洗剤評価装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 株式会社 資生堂, 国立大学法人信州大学, . 川副 智行, 渡辺 智子, 藤井 敏弘, . ケラチンフィルムを用いた毛髪損傷度測定方法. 特開2008-180709. 2008-08-07
  • G01N  33/50     
  • G01N  21/78     
  • A61B   5/107    

PAGE TOP