TOP > 技術シーズ検索 > 二次元磁気特性測定装置

二次元磁気特性測定装置

シーズコード S130010927
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 高橋 則雄
  • 中野 正典
  • 宮城 大輔
技術名称 二次元磁気特性測定装置
技術概要 コイルを巻いて四角形をした内側励磁コイルの周囲に内側励磁コイルの巻き方向と直交する方向にコイルを巻いて同じく四角形をした外側励磁コイルを配置し、内側励磁コイル中に試料を収容するとともに、内側及び外側励磁コイルに電流を流して試料中を各々の電流値で合成された方向に通行する磁束を発生させる二次元磁気特性測定装置において、内側及び外側励磁コイルを、二等辺三角形をした巻枠に対して底辺と平行に巻いて底辺同士を合せて四角形に形成したことを特徴とする二次元磁気特性測定装置を提供する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-059616.gif
研究分野
  • 磁性体測定技術・装置
展開可能なシーズ 内側及び外側励磁コイルをそれぞれの巻枠の底辺と平行に、つまり、直交させて巻いたことから、その中心の高磁束密度領域である測定区域を通過する磁束の左右への拡がりが少なくなり(湾曲の程度が小さい)、磁束密度の分布がより均一化する。
内側及び外側励磁コイルをそれぞれの巻枠の底辺と平行に、つまり、直交させて巻いたことから、その中心の高磁束密度領域である測定区域を通過する磁束の左右への拡がりが少なくなり(湾曲の程度が小さい)、磁束密度の分布がより均一化する。
用途利用分野 電磁鋼板磁気特性試験装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人岡山大学, . 高橋 則雄, 中野 正典, 宮城 大輔, . 二次元磁気特性測定装置. 特開2008-224269. 2008-09-25
  • G01R  33/12     

PAGE TOP