TOP > 技術シーズ検索 > 有機EL材料薄膜の形成および装置

有機EL材料薄膜の形成および装置

シーズコード S130010960
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 岡田 裕之
  • 中 茂樹
技術名称 有機EL材料薄膜の形成および装置
技術概要 この方法は、溶液化された有機EL材料を塗布する手段(例えばローラー)、被塗布材料を振動させる手段(例えばピエゾ素子)、被塗布材料を必要塗布量に応じて移動させる手段と、を備える装置を用い、溶液化された有機EL材料を塗布する工程において、被塗布材料を振動させながら圧着・移動する。好ましくは、振動させる手段の振動数が3kHz~10kHz、振幅が2ミクロン程度、移動速度が10cm/secである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-023795.gif
研究分野
  • 発光素子
展開可能なシーズ 溶液化された有機EL材料をスジむらやフォトルミネセンスむらが無く、均一で極薄膜を形成可能にする方法及び装置を提供する。
溶液化された有機EL材料を含ませたローラー等の塗布装置に被塗布材料を振動させながら圧着・移動させることで、被塗布材料に均一で、極薄膜の有機EL材料を高い材料利用率で塗布できる。
用途利用分野 塗膜形成装置、有機EL材料塗布装置、携帯機器用バックライト、面発光照明装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人富山大学, . 岡田 裕之, 中 茂樹, . 有機EL材料薄膜の形成および装置. 特開2008-153185. 2008-07-03
  • H05B  33/10     
  • H01L  51/50     

PAGE TOP