TOP > 技術シーズ検索 > プロスタノイドDP1受容体作動物質によるタキキニンNK1受容体の発現抑制

プロスタノイドDP1受容体作動物質によるタキキニンNK1受容体の発現抑制

シーズコード S130010961
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 安東 嗣修
  • 倉石 泰
技術名称 プロスタノイドDP1受容体作動物質によるタキキニンNK1受容体の発現抑制
技術概要 一次抗体反応終了後、PVDF膜をTBS-T溶液で10分間洗浄し、二次抗体を室温で60分間反応させる。その後TBS-T溶液で洗浄(15分×3回)し、検出試薬(ECL溶液,Amersham)を1分間反応させてパーオキシダーゼとの化学発光を惹起する。その発光をX線フィルムに感光させることで、H1R、NK1Rおよびβ-actinのバンドを検出する。H1RおよびNK1Rの発現量をウェスタンブロット解析した結果を図に示す。VH塗布と比べてPGD2塗布により有意にタキキニンNK1受容体(NK1R)の発現を抑制したことが示される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-027842.GIF
研究分野
  • 耳・鼻・咽頭・喉頭の疾患の薬物療法
展開可能なシーズ プロスタノイドDP1受容体作動物質がプロスタグランジンD2またはその誘導体であるタキキニンNK1受容体の発現抑制技術、プロスタノイドDP1受容体作動物質を有効成分とするタキキニンNK1受容体の発現抑制剤、プロスタノイドDP1受容体作動物質がプロスタグランジンD2またはその誘導体であるタキキニンNK1受容体の発現抑制剤、鼻腔・気道過敏症治療薬としてのプロスタノイドDP1受容体作動物質の使用技術を提供する。
この抑制剤は、その羅漢率が年々増加している喘息やアレルギー性鼻炎などの治療薬開発の新ターゲット分子を明らかとし、この新ターゲットの作動物質を有効成分とした薬剤により、従来の治療方法に比して高い効果が期待できる。
用途利用分野 プロスタノイドDP1受容体作動物質、タキキニンNK1受容体の発現抑制技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人富山大学, . 安東 嗣修, 倉石 泰, . プロスタノイドDP1受容体作動物質によるタキキニンNK1受容体の発現抑制. 特開2008-189619. 2008-08-21
  • A61K  31/5575   
  • A61P  43/00     

PAGE TOP