TOP > 技術シーズ検索 > 磁気浮上回転装置

磁気浮上回転装置

シーズコード S130010982
掲載日 2013年6月6日
研究者
  • 岡 徹雄
技術名称 磁気浮上回転装置
技術概要 本発明の磁気浮上回転装置は以下の構成となっている。撹拌翼を備え回転軸中心の同心円周上で不均一な磁束分布を形成するように構成された撹拌子と、撹拌子を浮上させて回転させる磁極構成物と、磁極構成物を回転軸Pまわりに回転させる回転駆動源とを備え、磁極構成物は、超電導バルク体と、超電導バルク体を冷却する冷却体と、冷却体を冷却する冷凍機と、冷凍機に冷媒を圧縮して供給する圧縮機とから一体に構成され、圧縮機は、駆動軸に沿って往復駆動するピストンを有し、ピストンの駆動軸と磁極構成物の回転軸とを一致させたものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-329217.gif
研究分野
  • 撹はん,混合
展開可能なシーズ 本発明は、医薬品、半導体用レジストや印刷用インク、高圧あるいは真空中などの密閉系で危険物や有機溶媒などを扱う化学プラントや核反応プラントなどの分野での撹拌工程に用いられる磁気浮上回転装置に関し、特に、高速撹拌の必要な非接触撹拌機における磁気浮上回転装置の提供を目的とする。
本発明の磁気浮上回転装置は、磁極構成物が高速回転した場合でも、遠心力によって圧縮機のピストンの運動が阻害されることがなく、高速での撹拌が要求される場合でも冷凍機の性能が低下することなく、すべての回転速度領域において、安定した冷凍性能が得られる。また、伝達管の配置方向により、伝達管内を移動する冷媒が遠心力に影響されることなく、すべての回転速度領域において、安定した冷凍性能が得られるようになった。また、複数の伝達管の配置位置により、高速回転時の振動や偏心防止が可能となった。
用途利用分野 磁気浮上回転装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 新潟大学, . 岡 徹雄, . 磁気浮上回転装置. 特開2009-148709. 2009-07-09
  • B01F  13/08     

PAGE TOP