TOP > 技術シーズ検索 > 時間的に連続する2枚の胸部X線像からの経時変化検出のためのサブトラクション方法

時間的に連続する2枚の胸部X線像からの経時変化検出のためのサブトラクション方法

シーズコード S130011011
掲載日 2013年6月7日
研究者
  • 川口 剛
  • 原田 義富
  • 三宅 秀敏
  • 永田 亮一
技術名称 時間的に連続する2枚の胸部X線像からの経時変化検出のためのサブトラクション方法
技術概要 画像処理装置が、2枚の胸部X線像から肋骨下縁の頂上部のエッジが強調された画像E1を作成し、画像E1の右肺領域、左肺領域の各行y上の画素の値の平均値HR(y)、HL(y)を求めた後、左右肋骨下縁の垂直方向の位置ずれΔyを検出する。次に、画像E1の右半分をΔyだけ垂直方向に移動させた画像E2を作成し、左右肋骨下縁の水平方向の距離Δxを検出し、ΔyとΔxの比を傾きとする直線と水平軸がなす角度をθとし、原画像の中心をθだけ回転させた傾き補正画像を作成する。2枚の傾き補正画像のそれぞれから、肋骨下縁の頂点より外側のエッジが強調された画像E3を作成し、胸郭中心軸の水平方向の位置xGを検出し、次に、列xG が画像中心軸と一致するように画像を水平方向に平行移動する。2枚の傾きおよび水平位置補正画像の一方における胸郭内部の部分画像をテンプレートとして、これを他方の画像の上で、両者の胸郭中心軸を一致させて垂直方向に移動させながら相互相関値を計算し、相互相関値が最大となる位置で、2枚の傾きおよび水平位置補正画像を重ね合わせて、両者の差分をとり、経時変化が強調された画像を作成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-008024.gif
研究分野
  • 医用画像処理
  • 医療用機器装置
  • 呼吸器疾患の治療一般
展開可能なシーズ 同一被検者の時間的に連続した2枚の胸部X線画像の間でサブトラクションを行い、2枚の画像間に存在する病理的な経時変化を強調した画像を作成する方法において、従来法は、水平プロファイルの極大点という局所的情報のみを用いて脊椎線を検出するので、得られる脊椎線の傾きはノイズの影響を受けやすい。この結果として、2枚の画像間の回転角の補正を正しく行えないことが多い。そこで、2枚の画像間で回転角の補正が正しくできるような胸郭中心軸の検出法を提供する。
胸部X線像から肺野結節状陰影の候補領域が強調された画像を作成して、胸部X線像を目視診断する医師による肺がんの適確迅速な診断を支援するなどの優れた効果を呈するもので、医学分野におけるX線像診断の画期的な活用が大いに期待されるものである。
用途利用分野 胸部X線撮影装置、医用画像処理装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 大分大学, . 川口 剛, 原田 義富, 三宅 秀敏, 永田 亮一, . 時間的に連続する2枚の胸部X線像からの経時変化検出のためのサブトラクション方法. 特開2008-173223. 2008-07-31
  • A61B   6/00     
  • G06T   1/00     

PAGE TOP